主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

2017年09月22日 [ ガスレンジ 掃除 ]
LINEで送る
Pocket

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

 

ビルトインタイプではない

ガスレンジ(ガスコンロ)ならではの

掃除場所があります。

 

それは・・・

 

ガスレンジの下。

 

ガスレンジなんて、

引っ越すときぐらいしか

動かしませんよね。

 

と言いたいところですが、

 

掃除をするときは動かす必要があります。

 

ガス台周りって

すぐ油でベトベトするので、

掃除と考えるだけで億劫になります。

 

しかし、やるしかない。

 

でも、どうせやるなら、

手がベタベタにならない方がいいに

決まってます。

 

そんなガスレンジの下の

油べったりな汚れを掃除する方法を

紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

その1:手を汚さない掃除の必需品

ガスレンジの下のステンレスの台のように

油でべっとりした油汚れを

掃除するのに必要なもの。

 

それは・・・

 

使い捨て手袋。

 

ポリエチレン製やビニール製など

種類はいろいろあります。

 

ちなみに、100均のダイソーでは、

ポリエチレンの使い捨て手袋が

販売されています。

 

それも100枚入り。

 

とても使いきれない量なのに100均。

これは使うしかないでしょう。

 

もう1つは、キッチンペーパー。

油汚れもガッツリ吸い取ってくれます。

 

使い捨て手袋と

キッチンペーパーをうまく使って、

手を汚さずに油汚れを落としましょう。

 

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

その2:ガスレンジ(ガスコンロ)の移動

ガスレンジには、

ガスのホースがつながっています。

その先はもちろんガス栓。

 

まずは、安全のために

ガス栓を閉めましょう。

 

ガスレンジの下を掃除するには、

まず、ガスレンジを

ガス台から移動します。

 

ガス台の横に調理台など

ガスレンジが置けるスペースがあれば、

そこにガスレンジを移動させます。

 

そのとき注意したいのが、

 

ガスのホースの長さ。

 

ガスレンジを移動させる場所まで

ホースが届けばいいのですが、

届かないようなら、

ガス栓からホースを抜く必要があります。

 

めったにいじらないホースは、

抜こうとすると

ビクともしない。

 

という場合でも諦めない。

 

ホースの付け根を

いろんな方向に動かしながら

力を入れて少しずつ抜きましょう。

 

ガスのホースの問題が解決できたら、

あとはガスレンジを移動するだけ。

 

ガスレンジの足の部分が

汚れているようなら、

キッチンペーパーで拭いておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

その3:ガスレンジ(ガスコンロ)下の掃除

ガスレンジ下の油汚れを

掃除するときに使うもの。

 

それは・・・

 

重曹(じゅうそう)。

 

ナチュラルクリーニングで

注目されている重曹は、

油汚れに超お役立ちアイテム。

 

この重曹をふんだんに使って

ガスレンジの下を掃除します。

 

両手に使い捨て手袋をして

重曹とキッチンペーパー、

ゴミ袋(買い物袋の大きさでOK)を

手の届く場所に用意します。

 

ガスレンジを移動させたら、

掃除開始。

 

ガスレンジの下に

シートを敷いている場合は、

その上のごみや油を落とさないように

折りたたんで捨てます。

 

このガスレンジ用の下敷きシートは

100均のダイソーに売っているので

あらかじめ敷いておいた方が掃除は楽です。

 

ガスレンジ下のステンレス部分が

丸見えになっているはず。

 

まずは、

ざっくりと油汚れとゴミを取ります。

 

油はキッチンペーパーで吸い取り、

ゴミはキッチンペーパーでつまんで

捨てます。

 

次にステンレス部分に

重曹をまんべんなく撒きます。

 

重曹はふりかけというよりも、

雪が降り積もって

地面をうっすらと覆うイメージ。

 

そして、降り積もった重曹を

手でステンレスの台の汚れに

こすり付けます。

 

そうすると、

重曹が油汚れを吸い取るのと同時に、

研磨剤の役割もしてくれます。

 

サラサラの粉状の重曹が、

小さな固まりでぼろぼろになったら、

手やキッチンペーパーを使って捨てます。

 

これを繰り返すことで、

ガスレンジの下のステンレス部分の汚れは

きれいに落ちます。

 

重曹をきれいに取ったら、

仕上げに雑巾で拭き取ります。

 

これを、重曹ではなく

台所用洗剤で掃除しようとすると、

掃除が驚くほど大変になります。

 

実際、台所用洗剤やクレンザーで

掃除をしたことがありますが、

終わりが見えないという

いやな体験をしました。

 

油汚れには重曹が最高です!

 

ガスレンジ(ガスコンロ)下の台が油でべっとり!手を汚さない掃除法

その4:まとめ

ガスレンジ下の台の油汚れを

使い捨て手袋とキッチンペーパー、

重曹を使って掃除する方法を

紹介しました。

 

ガスレンジの下は、

使う頻度などでも違いますが、

かなり油が溜まります。

 

半年や1年に一度の掃除だと

なおさら汚れます。

 

掃除を簡単にするには、

ガスレンジの下に敷くシートを

敷いておくだけで、

掃除が随分楽になりますよ。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA