主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

2017年10月17日 [ だるい 次の日 飲み過ぎ ]
LINEで送る
Pocket

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

 

友人や仕事仲間と

お酒を飲みに行く機会が多いと

やっぱり気になるのが・・・

 

お酒の飲み過ぎ。

 

美味しい食べ物やお酒と

楽しい雰囲気に

ついつい飲み過ぎてしまいます。

 

でも、そんな楽しいひと時は

 

そのときだけ。

 

次の日にはお酒の飲み過ぎで

体はだるくなりぼろぼろ・・・。

 

お酒も楽しみたいし、

次の日もスッキリ元気に過ごしたい!

 

お酒が大好きな私も

そう思います!

 

そこで、お酒を飲み過ぎても

次の日がだるくならないように、

できるだけ早くだるさを吹っ飛ばす

コツを紹介します。

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その1:お酒の飲み過ぎで体がだるいのはなぜ

 

体がだるいときって

どんなときでしょうか。

 

風邪ぎみで微熱があるとき、

寝不足で頭がぼーっとするときなど、

何らかの理由で、

体が熱っぽくて疲れているとき。

 

この状態って、

お酒を飲み過ぎて二日酔いのときと

似ていると思いませんか。

 

細かい医学的根拠はさておき。

 

お酒の飲み過ぎ以外で、

体が疲れてだるくなるようなことを

していなければ、

飲み過ぎが原因。

 

お酒を、今まさに飲んでいるときは、

二日酔いのように体がだるくなる

ことはありません。

 

お酒を飲み過ぎず、

適量だった場合も同じ。

 

そうだとすると、

体がだるいのは、

体が処理しきれないほどの

お酒を飲んだことが原因です。

 

では、お酒を処理するのは

体のどこでしょうか。

 

それは・・・

 

肝臓。

飲み過ぎたとき、

オーバーワークを強いられるのは

肝臓なのです。

 

ならば、飲み過ぎたときに

労わるべきなのは肝臓。

 

そして、同時に

体を元気にするためには、

エネルギーを取り入れると同時に

無駄遣いしない工夫が必要。

 

これらを踏まえて、

翌日スッキリ元気になるコツを

ご紹介します。

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その2:アルコール濃度を薄める

肝臓はアルコールを分解するために

必死で働いてくれています。

 

そんな肝臓の負担を軽くするには、

血中アルコール濃度を下げてあげます。

 

その方法は簡単。

 

それは・・・

 

水分を取りまくります

 

お酒に含まれるアルコールは、

利尿作用があります。

 

体から必要な水分までも

搾り取って外に排出してしまう。

 

そのときに、水分だけでなく、

マグネシウムなど体に大切な成分も

一緒に排出してしまうのが、

困ったところ。

 

それに対抗するために、

水分を取りまくるのです。

 

このときの水分は、

水でもいいですが、

おすすめはスポーツドリンク。

なかでも、ポカリスエットが一押し。

 

風邪をひいたとき、

水分を取るのに医者から勧められるのが、

ポカリスエット。

 

ならば、二日酔いにもいいはず。

 

水分だけでなく、

体に必要なミネラルなどの成分も

一緒に取れるので一石二鳥ですね。

 

個人的には、

グレープフルーツジュースもおすすめ。

 

もちろん100%。

 

濃縮還元ではなく、

ストレートなら、なお良いです。

 

スポンサーリンク

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その3:肝臓を応援

自分のせいで

きりきり働いている肝臓を

応援してあげましょう。

 

もちろん、

声援や気持ちだけでは不十分。

 

肝臓が元気になれる大好きなもの。

それは・・・

 

いろいろあります。

 

牡蠣に含まれるタウリン、

梅干しに含まれるピクリン酸、

シジミに含まれるオルニチンなど。

 

肝臓を元気にしてくれる成分を

効果的に摂取するには、

二日酔い対策用のドリンク剤が効果的。

 

なぜなら、

食べ物は消化するのに

体のエネルギーを多く使うから。

 

ただでさえ、体がだるいのに、

消化にエネルギーを使っている場合

ではありません。

 

サクっとドリンク剤を飲みましょう。

 

二日酔い対策用のドリンク剤には、

滋養強壮や疲労回復などの成分も

含まれています。

 

体がだるいときには、

ピッタリですね。

 

スポンサーリンク

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その4:肝臓も眠る?

お酒のアルコールを分解するのは肝臓。

 

そこで気になるのは、

肝臓って寝るんだっけ?

 

飲みに行くのは夜が多い。

そして、飲みに行ったあと

家ですることといえば・・・

 

寝ること。

 

意識と一緒に肝臓も寝るなら、

アルコールは分解されずに

放っておかれるなら・・・

 

ちょっと怖いですね。

 

実は、人間が

眠っているときの肝臓の働きは、

起きてるときの

 

半分の働き。

 

肝臓に働いてもらうには、

睡眠を削る必要があるかも。

 

この辺りは、

眠りよって体を元気にするのと、

肝臓に働いてもらうのとを

いい塩梅にバランスを取りたいところ。

 

そうはいっても、

飲み過ぎは「いい眠り」を

取ることができないのが

痛いところです。

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その5:いい睡眠を取る

体がだるくなるのは、

飲み過ぎで体が疲れています。

 

疲れを取る方法には、

いい睡眠を取る

ということがあります。

 

しかし、二日酔いになるほど

飲み過ぎると、

いい睡眠を取るのは難しい。

 

なぜなら、

脳が興奮状態になっているから。

 

お酒を飲むと、

いい気分になったり、

たがが外れるということは、

脳が平常時とは違っているのです。

 

その状態が練る時まで続くと、

眠れなかったり、

浅い眠りしか取れなくなります。

 

そうすると、

お酒の飲み過ぎの疲れだけでなく、

その日の疲れも取れません。

 

しかし、こればかりは、

飲み過ぎると手が付けられません。

 

あえていうなら、

脳の興奮が少しでも収まるまで

寝る時間をずらします。

 

そうすれば、肝臓も働くし、

脳の興奮が少しでも収まれば

いい眠りが得られるかも。

 

この点では、

家飲みよりも外で飲んだ方が

家に帰る時間があるので

いいのかもしれません。

 

ただし、意識のあるまま

無事家にたどり着くのが

最低条件ですが。

 

飲み過ぎで次の日だるい!お酒を飲んだ翌日スッキリ元気に過ごすコツ

その6:まとめ

お酒の飲み過ぎで

次の日がだるいときに、

少しでも元気になるコツを

紹介しました。

 

一番いいのは、

 

飲み過ぎないこと。

 

これに尽きますね。

 

私もお酒好き、

飲み会好きなので耳が痛い。

 

でも、ちょっとした工夫で

美味しくお酒は飲めるし、

二日酔いも惨くならなくなります。

 

その方法はまた紹介しますね。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA