主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

2017年07月17日 [ ペット用 蚊取り線香 違い ]
LINEで送る
Pocket

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

 

暑くなってくると

家の中でブーンと飛んでいる

イライラするものといえば・・・

 

蚊。

 

自分も蚊に刺されるのがいやだから、

部屋にいるペットも同じだろう。

 

そう思ってお店に蚊取り線香を

見に行くと・・・

 

ペット用がある!

 

ペット用買うべきか、

普通のものを買うべきか・・・

 

誰かどちらがいいか教えて!

 

という私の心の声に応えるために

ペット用の人間用のどちらを

買えばいいか決めるポイントを

紹介します。

 

スポンサーリンク

 

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

その1:ペット用と人間用の殺虫成分

 

蚊取り線香は、

蚊を寄せ付けない、

または蚊を駆除するのが目的です。

 

なので、蚊取り線香には、

殺虫成分が含まれています。

 

その殺虫成分は、

ピレスロイド系の成分。

 

これは、天然の除虫菊の殺虫成分の

ピレトリンと似た化合物です。

 

そして、この殺虫成分は、

人や犬、猫などの哺乳動物や鳥類など

恒温動物は、その成分が分解され

短時間で体外に排出されることから、

安全性は高いと言われています。

 

ただし、安全性は、

ペットの大きさにも関係があります。

犬や猫など、体が大きい動物ほど

安全性が高くなります。

 

また、ピレスロイド系の殺虫成分は、

ペット用と人間用のどちらにも

使われています。

 

つまり、蚊取り線香は、

ペット用も人間用も

同じ殺虫成分を使用し、

その成分も安全性が高いものと

いうことです。

 

それなら、蚊取り線香は、

ペット用の人間用のどちらを使っても

いいことになります。

 

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

その2:ペット用の人間用の違いは?

 

蚊取り線香の殺虫成分は、

ペット用と人間用で同じ化合物なら、

一体何がちがうのでしょうか。

 

それは・・・

 

使用する場所。

 

例えば、犬の住んでいる犬小屋は、

外で見かけることがあります。

そこでは犬は外で飼われているのです。

 

そうかといえば、

知り合いは犬を部屋で飼っています。

 

このように、ペットは、

室外で飼う場合と、部屋で飼う場合

があるのです。

 

ペット用の蚊取り線香は、

室外で飼われているペットを

想定して作られています。

 

そのため、

長時間使えるように、

蚊取り線香の巻が大きかったり、

 

屋外で効果があるように、

太めに作られているものもあります。

 

このようなことから、ペットのために

ペット用か人間用かを選ぶときは、

ペットがいるかどうかではなく、

 

部屋か屋外か

で決めることがポイントの1つです。

 

また、蚊取り線香の安全性という点で

違った見方があります。

 

それは、行政の許認可の違いです。

 

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

その3:行政の許認可の違い

 

蚊取り線香のペット用と人間用では、

行政の許認可が違います。

 

ペット用は、農林水産省が

ペット用としての許認可をしています。

 

一方、人間用は、

厚生労働省が許認可しています。

 

もし、

人間用で問題が起きたら・・・

 

想像を絶する叩きと

蚊取り線香のメーカーの

存続の危機にもなります。

 

人間用の蚊取り線香は、

薬機法に基づいて

各メーカーが厳しく

安全性を評価しており、

 

合わせて、

厚生労働省も厳しく審査を行って、

許可されたものが販売されています。

 

このような許認可の違いも、

ペット用か人間用のどちらを選ぶかを

判断するポイントになりますね。

 

ちなみに、私は、

部屋も室外も人間用を使っています。

 

室外で蚊取り線香の効果を

上げたいときは、

蚊取り線香の数を

増やすことにしています。

 

スポンサーリンク

 

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

その4:ペットの特性と好み

 

蚊取り線香の殺虫成分は、

ペット用と人間用に違いは

ほとんどないとお伝えしました。

 

しかし、煙の量とにおいは、

商品によって違います。

 

例えば・・・

 

ローズのにおいがする蚊取り線香や、

煙が多めのものなど。

 

ちなみに、

私は除虫菊の成分で作られた

蚊取り線香を使っていますが、

 

煙がびっくりするほど多い。

 

風がない日に部屋で使ったら、

火災報知器が

鳴ってしまいました・・・。

 

煙の量とにおいは、

 

ペットによっては苦手な場合も。

 

例えば、

犬は煙が苦手な傾向にある、

とか、

 

猫はにおいに敏感なので、

蚊取り線香のにおいをいやがる

など。

 

だから、どちらかというと、

ペット用か人間用かよりも、

においや煙の量を考慮しましょう。

 

蚊取り線香のペット用は犬や猫などに使うもの?人間用との違いは?

その5:まとめ

 

蚊取り線香の

ペット用と人間用の違いを

紹介しました。

 

ペット用と人間用の殺虫成分に、

大きな違いがないこと。

 

また、人間用の行政の許認可は、

厚生労働省が安全性をチェックすること。

 

から、私は人間用の蚊取り線香を

使っています。

 

ただし、蚊取り線香によっては、

においや煙の量が違うので、

ペットが嫌がらないような商品を

選ぶ必要があります。

 

こればかりは、

使ってみないと分かりませんね。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA