主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

2017年08月23日 [ 冷蔵庫入れ忘れ 牛乳 ]
LINEで送る
Pocket

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

 

コーヒーや紅茶の友として、、

料理やデザートを作る材料としても、

欠かすことができない材料。

 

それは・・・

 

牛乳。

 

卵と同じように、

牛乳を冷蔵庫に常備している人も

いると思います。

 

そんな牛乳ですが、

失敗しがちなことといえば・・・

 

冷蔵庫に入れ忘れること

 

買い物に行って牛乳を買ったのに、

家に帰ってきたあと、

買い物袋に入れたまま、

忘れて置きっぱなしにしてしまったり、

 

牛乳を飲んだあと

テーブルに置いたまま

放置してしまったり。

 

そんなことがよくありますね。

 

しかし牛乳は、

 

「要冷蔵」の商品。

 

常温に置いたままにしてしまったら、

飲めるかどうか心配になります。

 

冷蔵庫に入れ忘れた牛乳は、

いつまで飲むことができそうかの

目安をお伝えします。

 

ただし、牛乳は「要冷蔵」商品です。

常温での放置は

品質保証の対象ではありません。

 

あくまで、目安として、

自己責任で判断してください。

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

その1:日持ちの最重要ポイント

 

牛乳の日持ちする期間を

大きく左右するポイント。

 

それは・・・

 

開封か未開封か。

 

冷蔵庫の入れ忘れよりも、

下手すれば、牛乳パックが

開封か未開封かの方が

重要かもしれません。

 

牛乳には賞味期限があります。

 

その条件は、

 

要冷蔵と未開封。

 

牛乳パックを一度でも開封してしまうと、

雑菌が牛乳に入り込む可能性が

高くなります。

 

特に、牛乳パックに口を付けて飲んだ場合

その可能性がかなり高くなります。

 

商品の牛乳を作る時に、

牛乳メーカーが、

徹底して殺菌しているのに、

台無しですね。

 

開封後は、牛乳の日持ちは、

 

気温

大きく左右されます。

 

特に夏場は危険ですね。

 

開封後は必ず冷蔵庫に入れましょう。

 

もし、入れ忘れてしまい、

心配になってしまったら、

加熱して使いきってしまいましょう。

 

加熱したときに、

いつも通りの液体の牛乳なら

大丈夫。

 

味見すれば

なお安心ですね。

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

その2:未開封の牛乳が大丈夫な時間

 

開封した牛乳は、

牛乳に雑菌が入り込む可能性があるので

日持ちしにくく、腐りやすい。

 

一方、未開封の牛乳なら、

冷蔵庫に入れ忘れて、

常温の場所に放置しても、

開封したものよりもはるかに日持ちします。

 

牛乳パックのラベルの保存方法には、

「要冷蔵:10度以下」

と書かれています。

 

これは、

10度以下の冷蔵で保存した場合、

賞味期限まで牛乳の風味を損なわずに

おいしく飲めることを

メーカーが保証するという意味。

 

とはいえ、商品の牛乳を作るときに、

殺菌してあるので、

常温でもある程度なら大丈夫です。

 

子供の頃、牛乳といえば、

毎日、朝配達されるものでした。

それも、置く場所は玄関の前。

 

常温ですぐに腐ってしまうなら、

冷蔵機能のない玄関に

牛乳なんて置けません。

 

数十年前の話なので、

現在の方がはるかに殺菌技術などが

発達しているはず。

 

そう考えると、

未開封状態なら、

常温で数時間から半日置いても

大丈夫そうですね。

 

そうでないと、

牛乳を買って帰るまでに

ちょっとでも寄り道したら、

腐ってしまうことにも

なりかねません。

 

そうなると、とても

牛乳を買いになんて行けません。

 

牛乳メーカーに

苦情が殺到しそうですね。

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

その3:牛乳の殺菌方法

 

牛乳が常温でどのくらいもつかは、

牛乳の殺菌方法によっても、

違いがあります。

 

一般的に売られている

牛乳の殺菌方法は、

 

超高温殺菌。

 

今の主流は、

130度で2秒間殺菌。

 

もう一つの方法は、

 

低温殺菌

 

今の主流は、

65度で30分間殺菌。

 

低温殺菌は、温度が65度と、

牛乳に含まれる酵素が

壊れない温度なので、

体に良いと注目されています。

 

しかし、殺菌という観点では、

130度より温度が低いので、

低温殺菌牛乳は日持ちしません。

 

超高温殺菌の方がはるかに

日持ちします。

 

この違いは、冷蔵庫に入れ忘れて

常温に放置してしまった場合も同じ。

 

超高温殺菌の牛乳の方が、

大丈夫な期間が長くなります。

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

その4:牛乳が腐っているか見極める

 

 

 

これまで、冷蔵庫に入れ忘れて、

常温で放置してしまった牛乳が、

どれくらいの期間大丈夫かという

目安を紹介しました。

 

しかしこれはあくまでも

目安にしか過ぎません。

 

一番確実なのは、やはり、

牛乳自体を確認すること。

 

牛乳は、腐ると味が変わります。

はっきり言っておいしくありません。

 

また、においも変わります。

牛乳特有のふんわりしたにおいから、

美味しくなさそうな匂いになります。

 

牛乳の味やにおいに、

牛乳らしくない違和感を感じたら、

腐っている可能性が高い。

 

そのような牛乳は、

飲まない方が良いでしょう。

 

無理に飲んでしまうと、

美味しくないうえに、

吐き気や腹痛などの症状や

食中毒になる可能性もあります。

 

洒落にならないほど辛いので、

冒険するのはやめましょう。

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れ!常温で放置でも半日や一晩、一日は飲める?

その5:まとめ

 

牛乳を冷蔵庫に入れ忘れて、

常温に放置した場合、

その牛乳は大丈夫かどうかを

判断する目安を紹介しました。

 

牛乳メーカーは、

10度以下の要冷蔵のみ、

賞味期限を設定しています。

 

つまり常温で放置に関しては、

牛乳の安全やおいしさを

保証していません。

 

この場合は自己責任になります。

 

だからこそ、

常温に放置した時間だけにこだわらない。

 

牛乳が気になるようなら、

味やにおいで、

牛乳が腐っていないかを見極めることも

必要ではないでしょうか。

 

私は牡蠣であたったことがありますが、

洒落にならないほどつらかったです。

 

牛乳のために、

冒険するのは割に合わないと思います。

 

少しでも腐っていると感じるものは、

さっさと捨てる。

 

これも、主婦の仕事の1つである

料理上手への道に欠かせません。

 

LINEで送る
Pocket