主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

2017年10月12日 [ もつ鍋 シマチョウ マルチョウ ]
LINEで送る
Pocket

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

 

こってりとした深みのある味で

くせになるもつ鍋。

 

私も美味しい肉屋さんを知ってから、

すっかりもつ鍋のとりこになり

毎週のように作っています。

 

そんなもつ鍋の主役といえば、

 

牛モツ(ホルモン)。

 

これがなくては

もつ鍋とはいえません!

 

もつ鍋のモツ(ホルモン)として、

よく使われるのが、

マルチョウとシマチョウ。

 

部位名だと小腸と大腸ですね。

 

せっかくのもつ鍋なら

美味しいもので作りたい。

 

マルチョウとシマチョウの

美味しさを知って、

もつ鍋に活用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

その1:もつ鍋に使うモツ(ホルモン)の選び方

もつ鍋に使うモツ(ホルモン)なら、

牛モツでそれも生が一番。

 

モツには豚や鶏もありますが、

こってりした味わい深さでいうと、

一押しはやっぱり牛。

 

さらに、ボイルではなく生のものなら、

モツ(ホルモン)の味を

余すことなく味わうことができます。

 

しかし、牛の生モツ(ホルモン)を

もつ鍋に使うには大切なことが。

 

それは・・・

 

いい肉屋を見つけること

 

もつ鍋に使う

牛の生モツ(ホルモン)には、

肉の旨さと鮮度が求められます。

 

なぜなら、

いまいちなものを使ってもつ鍋を作ると

「臭くて食べられない」

ということにもなります。

 

焼肉では気にならなくても

もつ鍋では我慢できない味に

なることもあります。

 

そうなっては、

せっかくのもつ鍋が台無し。

 

だからこそ、

いい肉屋を探して、

鮮度がいい旨い牛の生モツ(ホルモン)を

手に入れましょう。

 

ちなみに、私は、

近くに市場があるので、

そこにある肉屋で買っています。

 

この肉屋の肉は、

牛の生モツ(ホルモン)だけでなく、

他の肉もとっても美味しい。

 

もし、近くにいい肉屋がなければ、

楽天などネットショップを活用するのも

おすすめです。

 

ネットショップを侮ることなかれ。

 

兼業漁師?の伯父は、

魚が釣れないときは、釣り仲間と一緒に

楽天のネットショップで魚を買うとか。

 

この話を聞いたときは、

思わず絶句しましたが。

 

お肉も同じですね。

ぜひ、美味しい牛の生モツ(ホルモン)を

手に入れましょう。

 

生が無理ならボイルでも大丈夫ですよ。

 

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

その2:もつ鍋とマルチョウ

マルチョウは牛の小腸の部分で、

コリコリした皮に

ぷにぷにとした白くて丸い脂が

所狭しとくっついているもの。

 

見た目が何だか微妙ですが、

美味しさを知ると

何だか可愛く見えてくるかも。

 

このマルチョウがもつ鍋に入ると、

もつ鍋の美味しさと脂のハーモニーが

くせになります。

 

それに、歯ごたえもあって大満足。

 

小学校6年生の子供は、

もつ鍋が好きではなかったのに、

最近はマルチョウの丸い脂を

美味しいとむいて食べています。

 

マルチョウは見た目から

脂っこく見えますが、

 

まさにその通り。

 

美味しいマルチョウなら

脂も美味しいとはいえ、

脂っこい料理は疲れるかもという人も

いるようです。

 

そんなときは、

下茹での時間を長めにすれば、

脂がだいぶ落ちます。

 

下茹でしないでもつ鍋に

チャレンジしたことがありますが、

脂が半端なくすごかったです。

 

私は沸騰したお湯に

1分ぐらい下茹でするのが好み。

 

マルチョウの脂は、

下茹での時間で好みに調整しましょう。

 

スポンサーリンク

 

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

その3:もつ鍋とシマチョウ

シマチョウは牛の大腸の部分。

 

皮のような見た目で、

表面にシマシマ模様が入っています。

 

かの有名な「こてっちゃん」は、

シマチョウに味付けしたもの。

 

食感はコリコリしていて、

何ともいえない旨みがあります。

 

もつ鍋の味と相性も良く、

美味しさがさらにアップ。

 

ボイルした輸入ものは、

シマチョウが多いようです。

 

コストコでもあの量で

販売されていますね。

 

ちなみに、コストコの

ボイルされたシマチョウは、

もつ鍋にして美味しく食べれます。

 

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

その4:マルチョウとシマチョウのもつ鍋対決

マルチョウとシマチョウのどちらも、

もつ鍋専門店で扱われている

牛モツです。

 

でも、どちらかというと

マルチョウをモツと呼ぶくらい、

圧倒的にマルチョウの方が使われています。

 

マルチョウとシマチョウの

両方を使う店もありますが。

 

マルチョウとシマチョウ、

それぞれのもつ鍋における

美味しさをご紹介しました。

 

ずばり、

こってりした旨みのある脂を

堪能したいなら、

 

マルチョウ

 

脂はほどほどでモツを堪能したいなら、

 

シマチョウ

 

というところでしょうか。

 

キーワードは

 

「脂」。

 

もつ鍋を作る時、

マルチョウとシマチョウで迷ったら、

「脂」の好みで決めましょう。

 

マルチョウとシマチョウ!もつ鍋の具材として美味しいのはどっち?

その5:まとめ

マルチョウとシマチョウ、

それぞれのもつ鍋における味と

選び方を紹介しました。

 

美味しいマルチョウが手に入り、

脂っこい味が大好きなら

 

マルチョウ。

 

脂はほどほどにもつ鍋を

堪能したいなら、

 

シマチョウ。

 

ちなみに、私は

常連のいい肉屋で

ミックスホルモンを買っています。

 

マルチョウ、シマチョウの

どちらも入っているうえに

値段がとっても手頃だから。

 

美味しいマルチョウや

シマチョウを手に入れて、

もつ鍋を満喫しましょう。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket