主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

2017年10月13日 [ 潰れる 食パン ]
LINEで送る
Pocket

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

 

食パンの焼きたてを食べには、

手作りが一番。

 

ホームベーカリー(HB)を使えば

炊飯器でご飯を炊くように

食パンを焼くことができます。

 

手作りが身近になった食パンですが、

失敗することもしばしば。

 

そのうちの1つが、

焼きあがった食パンが潰れること。

 

HBやオーブンで

潰れた食パンを見たときには、

ガッカリ感が半端ありません。

私も経験したことがありますが、

もう勘弁してもらいたいところ。

 

そこで、食パンを焼いたときに

潰れてしまう原因と

潰れないように焼くコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その1:食パンの焼きが甘い

食パンはHBなら自動で焼き上がります。

 

だから、食パンを焼くときに

潰れることはないので

とっても便利ですね。

 

しかし、パン教室の先生に言わせると、

パンは焼く工程だけでも、

HBではなくオーブンを使うと

数段美味しく出来上がるそうです。

 

だから、食パンにこだわる人は、

焼くときはオーブンを使う人も

いるようです。

 

ちなみに、私は、

レディースニーダーで

食パン生地を捏ねるので、

焼きはオーブンを使います。

 

このオーブンでの焼きが曲者。

 

食パンを焼く時間は、2斤で、

190℃から200℃で、

30分から40分くらい。

 

しかし、

オーブンは個性的な家電なので、

焼く時間に差がでるのです。

 

そして、焼きが十分ではなかったとき、

食パンの上部の重さに耐えきれずに

下部が潰れてしまう。

 

食パンを切ってみると、

上部と下部ではふんわり度が

全く違うのでひと目で分かります。

 

また、食パンを焼いている途中に

オーブンの扉を開けるのも厳禁。

 

オーブンの扉を開けると、

庫内の温度が下がってしまいます。

 

すると・・・

 

食パンが潰れます。

 

食パンをオーブンで焼くときは、

焼きが甘くならないように注意して、

焼いている途中にオーブンの扉を

開けないようにしましょう。

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その2:食パンの型の選び方

 

 

食パンの型は1斤、1.5斤、2斤など

大きさによって型が違います。

 

大は小を兼ねる

 

とよく言いますが、

食パンの型に限っては違います。

 

1斤の食パン生地を

2斤の食パン型で焼くというように、

分量に合った型より大きい型を使うと、

グルテンによって

食パンが潰れやすくなるのです。

 

どちらかというと、

小さい型を使う方が潰れません。

 

スポンサーリンク

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その3:食パン生地の水分や糖分

食パン生地を作るときは、

水や牛乳などの水分を使います。

 

もちろん、卵も水分の一つ。

 

この水分が多いと、

食パンを焼くときに水分が残ったり、

グルテンが弱かったりと

生地が緩くなります。

 

そんな生地を焼くと

上部の重みに耐えきれずに、

下部が潰れたようになるのです。

 

食パンは、

小麦粉と水分、糖分、イースト菌が

それぞれうまく働くことによって

美味しいものが焼きあがります。

 

それらの分量は、

必ず決められた量をきっちり量り、

食パンを作るようにします。

 

ダイエットなどで砂糖を

気にする人もいますが、

食パン作りでは勝手に減らさないこと。

 

食パンにおける砂糖の働きは、

食パンに甘味を添えるだけでは

ありません。

 

食パンを作る時は、

必ず分量を守って作りましょう。

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その4:食パンの生地のガス抜き

食パン生地を作る時、

捏ねるのと並んで大事なのが

ガス抜き。

 

食パンを初めて作ったとき、

ガス抜きを甘く見ていました。

 

ガスを抜いていないと、

膨らみがいびつになったり、

その膨らみに耐えきれずに

潰れてしまったりします。

 

一次発酵が終わった後、

ガス抜きをすると、

結構しぼんでしまいます。

 

それくらいガスがたまるので、

ガス抜きをキッチリしましょう。

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その5:食パンの生地の発酵

食パンを作る最大の難関といえば、

 

生地の発酵。

 

発酵の具合を見極めるのは

慣れるまでは難しいですね。

 

食パンが潰れる場合は、

発酵しすぎ(過発酵)が原因。

 

発酵は温度が低くても、

低いなりに発酵し続けるので

発酵が終わったタイミングで生地を焼く。

 

生地が発酵しすぎると、

グルテンの力が弱まり

大きなパンが焼けるか、

潰れてしまいます。

 

食パン生地の過発酵に注意します。

 

食パンを焼くと潰れるのはなぜ?HBや手作りで失敗しないコツ5つ

その6:まとめ

食パンを焼くと潰れてしまう理由と

失敗しないコツを紹介しました。

 

食パンが潰れる原因は、

 

・食パンの焼きが甘い

・生地の量と型が合っていない

・生地の水分や糖分の分量間違い

・生地のガス抜き忘れ

・生地の過発酵

 

が考えられます。

 

食パンのレシピを確認して、

過発酵と焼きに注意して

作ってみましょう。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket