主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

泡だて器の秘密は持ち方にあった!疲れないで泡立てる方法のコツ

2018年03月04日 [ 持ち方 泡だて器 ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

泡だて器の秘密は持ち方にあった!疲れないで泡立てる方法のコツ

 

お菓子やスイーツを作るときに

欠かせない道具といえば、

 

泡だて器。

 

泡だて器がないと

作れないレシピがいっぱい。

 

お菓子作りの肝となる

泡だて器ですが、

泡だて器を使って混ぜていると

疲れませんか。

 

混ぜ続けると腕がだるくなるし、

卵白の泡立てなんて

自動泡だて器がなければ

心が折れそうです。

 

そんな泡だて器ですが、

疲れにくくするコツがあるのです。

 

それは・・・

 

泡だて器の持ち方。

 

そこで、泡立るときに疲れにくい

泡だて器の持ち方のコツを紹介します。

 

泡だて器の秘密は持ち方にあった!疲れないで泡立てる方法のコツ

その1:泡だて器の持ち方で大切なこと

 

泡だて器の疲れにくい持ち方って

何でしょうか。

 

一番のポイントは、

泡だて器を使うときの

 

力の入り具合。

 

例えば、縄跳びを

思い浮かべてみると・・・。

 

力を入れて縄跳びをすると、

体が固くなり、

ぎくしゃくしてしまいます。

 

そして、

1回飛ぶごとに疲れが溜まり、

すぐに縄を引っ掛けてしまって

終わってしまいますね。

 

一方、余計な力を抜けば

体は軽やかに動くので、

縄跳びを飛ぶときのジャンプも

力を使わずに軽やかに飛べます。

 

泡だて器も同じ。

 

余計な力をできるだけ抜いて、

泡だて器を軽やかに

シャカシャカと動かすのがコツ。

 

そこで、泡だて器の持ち方が

重要になるのです。

 

泡だて器は、

棒のようになっており、

半分から先は複数のワイヤーで

気球を反対にしたような形を

しています。

 

このような形をしているからこそ、

泡だて器の持ち方が

腕の疲れに

大きな影響を及ぼすのですね。

 

泡だて器の秘密は持ち方にあった!疲れないで泡立てる方法のコツ

その2:泡だて器を持つ場所とは

 

泡だて器を持つとき、

持つ場所にこだわっていますか。

 

私の経験では、

普通の学校に通っただけでは、

泡だて器の持つ場所を

教えてもらう機会はないように思います。

 

泡だて器の持つ場所といっても、

泡立てる部分は、

手で持つことができません。

 

では、残るのは、

 

持ち手の部分。

 

まず、泡だて器の持ち手の

一番先の部分を持って、

泡立てるように動かしてみます。

 

すると、

泡立てる側が大回りするうえ、

泡だて器をコントロールするのに

手に力が必要になります。

 

はっきりいって、

 

泡立てにくいですね。

 

反対に、

泡立てる側に近い側の持ち手を持ち、

同じようにしてみると・・・

 

力が少なくて済む。

 

そう感じたはず。

 

なぜそんな違いがあるのでしょうか。

 

それは、

泡だて器の形にあったのです。

 

泡だて器は細長い形をしているので、

重さのバランスが取れる

支点があります。

 

この支点を持てば、

泡だて器で泡立てるときに

力が少なくて済みます。

 

そんな支点の場所を見つける方法。

 

それは、

持ち手を画像のように、

親指と人差し指で挟み持ちます。

 

バランスが取れる場所が

泡だて器を持つ場所となります。

 

泡だて器を持つ場所が決まれば、

次は持ち方ですね。

LINEで送る
Pocket