主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

2017年07月27日 [ コツ 継続 自炊 ]
LINEで送る
Pocket

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

 

一人暮らしを始めたり、

結婚したり、

家族が増えたり・・・

 

そんな環境の変化から、

これからは自炊しよう!

と決意したものの・・・

 

料理を作るのが面倒くさくなって

自炊するのを止めてしまった。

 

そんな相談をされることがあります。

 

でも、ある意味続かなくて当然です。

 

物事を続けるには、

続ける方法があるのです。

 

自炊も同じです。

漠然と自炊した方がいいな

と思うだけでは、

毎日続けることはできません。

 

自炊で料理を数十年続けてきた経験から、

自炊を続けたい人に

自炊を続ける秘密のコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

その1:自炊が続かない原因

 

自炊を続けようとして失敗する

大きな原因の1つは、

 

頑張りすぎること。

 

小学3年生レベルなのに、

高校の数学の問題を解こうとするのと

同じことです。

 

自炊でいうと、

凝った料理を作ろうとしたり、

レシピを見て何品もの料理を作ろうと

すること。

 

凝った料理は、

例え勝手知った料理でも、

手間と時間がかかります。

 

時間と気持ちに余裕があって、

趣味として料理を頑張る日は別にすると、

普段の料理は凝りすぎないように。

 

また、レシピを見て料理を作るのは、

作ったことのない料理だと、

とても神経を使うし、疲れます。

 

作ったことのない料理は、

レシピを見ながら作るにしても、

1品ぐらいにしましょう。

 

そして、

期待はずれの出来栄えになっても、

まぁこんなもんだろうと

寛容な気持ちでいられるように。

 

期待はずれが続くと

自炊で料理を作るのが嫌になります。

 

ようは、自炊に力をかけずに、

ほどほどに続けながら、

自炊の習慣化を目指しましょう。

 

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

その2:心に響く自炊のメリット

 

自炊を継続するには、

自炊の腕を磨く前にすることがあります。

 

それは・・・

 

心に響く自炊のメリットは何か

を見つけること。

 

まず、自炊を始めようと思った動機は

何でしょうか。

振り返ってみてください。

 

そして、その動機は、

自分が自炊をやらざる得ないものかを

考えて書き出します。

 

例えば、私の例です。

 

まず、自炊することで

食費が節約できるのが魅力的でした。

 

一人で1日三食を外食とした場合、

朝食を400円、昼食を800円、

夕食を800円とすると、

年間で73万円!

 

一方自炊の場合は

材料費を月3万円としたら、

年間で36万円!

 

一人で月3万円で自炊となると

3食外食の金額で食べられるものより

はるかにいい素材が使えて、

美味しい料理を食べられます。

 

自炊での節約効果抜群!

 

また、自炊を続けることで、

料理の腕は確実に上がります。

 

だから、自炊を続ければ続けるほど

外食より美味しい料理を

自宅で格安の値段で食べることが

できるのです。

 

そして、

自炊で節約したお金の一部を使って

一流のプロの味を堪能し、

その経験を自炊の料理の腕に活かす。

 

こんな楽しいことはありません。

 

私は美味しい料理を食べるのが

とっても大好き。

 

だから、

私にとって自炊をしない理由は

一かけらもありません。

 

だからこそ、

自炊が数十年も続いているのです。

 

私にとっての節約と

美味しい料理を格安で食べる

というような理由を

見つけましょう。

 

それが見つかれば、

自炊をすることに前向きになります。

 

スポンサーリンク

 

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

その3:自炊しようと思うと疲れる

 

自炊を続けようと思うけれど

疲れてしまうことってありますね。

 

「○○をしなければならない」

と思って行動することは、

意思の力を使います。

 

この状態が長引くと、

心折れることにもつながります。

 

だから、

片手間で簡単に作れるような

超得意料理を数個マスターしておきます。

 

例えば・・・

目玉焼き、鍋料理、丼ものなど。

 

特に丼ものは、

牛丼や豚丼のような

調理するものだけではなく、

しらす丼なら

火も使わずに数分でできます。

 

節約ものなら、

天かす丼もありますね。

 

おすすめは、鍋料理。

 

野菜を切って煮るだけなので、

超簡単です。

 

好みで数種類だしを用意しておけば、

違った味も楽しめます。

 

味噌汁も鍋料理の一種ですね。

 

料理が苦手な人にとっても、

料理のとっかかりになります。

 

このように、

片手間で簡単にできる

超得意料理を用意しておけば、

自炊が疲れたときにも

体が勝手に動いてくれます。

 

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

その4:自炊の味方○○

 

自炊に前向きになっても、

1回の食事に数種類の料理を作るのは

大変なことも。

 

そんなときの強い味方は、

 

作り置き。

 

料理は、一度に、

1人前作ろうが5人前作ろうが

料理の手間はほとんど変わりません。

必要になる材料の量が変わるだけ。

 

ならば、多めに作って

冷蔵庫や冷凍庫に入れておけばいい。

 

そうすれば、

料理の手間がだいぶ省けますね。

 

自炊を継続したい!毎日の料理を気軽に楽しく続ける4つのコツ

その5:まとめ

 

自炊を継続する方法を

紹介しました。

 

まずは、

自分にとっての自炊のメリットを

じっくり考えて、

自炊をやりたいと思えるように。

 

自炊は毎日続く作業です。

 

凝った料理を作ったりと

力を入れすぎると続きません。

 

毎日の歯磨きと同じレベルで

簡単な料理を自炊できるようになれば、

続けていくことができます。

 

まずは、無理せず

自炊の習慣化を目指しましょう。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA