主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

オムレツはふわふわが最高!自宅でフライパンを使って簡単に作る方法

2017年08月18日 [ ふわふわ オムレツ フライパン ]
LINEで送る
Pocket

オムレツはふわふわが最高!自宅でできるフライパンを使った簡単裏技

 

カフェなどの

洋食のランチメニューで、

大人気なものといえば・・・

 

オムレツ。

 

ふんわりとした

黄色い焼き卵に

スプーンを入れると・・・

 

ふわふわでとろりとした

玉子が食欲を誘います。

 

そんなオムレツは、

自宅で手作りしたいメニューのなかでも

断トツの人気を誇ります。

 

そんなオムレツは、

洋食のプロの世界では

「オムレツが作れると一人前」

と言われるくらい

奥が深い料理です。

 

 

そうとはいえ、

超一流の腕には及ばなくてもいいので、

自宅でほっこり幸せ気分になれる

オムレツを作ってみたいもの。

 

そこで、ふわふわオムレツを

自宅でフライパンを使って

簡単に作る方法をご紹介します。

 

この方法は、私のオリジナルです。

プロの腕みがきにつながる方法

ではありません。

 

しかし、初心者が

自宅のフライパンで

おいしいオムレツを作るには

使える方法ですよ。

 

スポンサーリンク

 

オムレツはふわふわが最高!自宅でできるフライパンを使った簡単裏技

その1:オムレツの下ごしらえのコツ

 

プレーンオムレツに使う材料は、

玉子、塩、胡椒(コショウ)。

そして、牛乳などの水分。

 

この水分は、

ふわふわとろとろオムレツを

作るには必要不可欠なもの。

 

玉子だけでオムレツを作ると

食感が固めになります。

 

水分が入ることで

ふわとろに貢献してくれます。

 

この水分は、

水や牛乳、炭酸水の

どれでも構いません。

 

私は牛乳のコクが好みなので、

牛乳を使っています。

 

オムレツの下ごしらえを始めます。

 

まずは、ボールにオムレツの材料を

すべて入れます。

 

そして、かき混ぜます。

 

混ぜるのを終えるタイミングは、

大きいプリッとした玉子の白身が、

小さめのプリッとした感じになり、

黄身と仲良く混じりあう感じを

目安にします。

 

かき混ぜすぎると、

オムレツは水っぽくなるので、

気を付けましょう。

 

オムレツはふわふわが最高!自宅でできるフライパンを使った簡単裏技

その2:フライパンで焼くときのコツ

 

オムレツを焼くときは

フライパンを十分熱した後、

強めの火で焼き上げます。

 

フライパンを強めの火で熱したら、

バターを投入。

 

マーガリンや

オリーブオイルでも構いません。

 

そのときのポイントは、

油分は多めに入れること。

 

そうすると、

フライパンに焦げ付かないし、

フライパンで玉子をぐるぐると

かき混ぜやすくなります。

 

もう一つのポイントは、

フライパンで玉子をぐるぐると

かき混ぜるとき。

 

フライパンを軽くゆすりながら、

菜箸で玉子を

ぐるぐるとかき混ぜます。

 

フライパンに接している部分から

玉子は焼けていきます。

 

フライパンに

玉子の同じ部分が接しないように

注意しながら、まんべんなく

ぐるぐるとかき混ぜます。

 

この作業では、

ふわふわオムレツの

 

中身を作っています。

 

そして、

玉子が全体的に半熟になり、

液体が少なくなったら、

フライ返しで、一気に玉子を

フライパンの奥側に寄せます。

 

ひっくり返したり、

折りたたんだりする必要はありません。

ぐちゃっと寄せてください。

 

これから、

オムレツを包む外側を作ります。

 

フライパンを持つ左手を

右手でトントン叩いて

オムレツの表面を回しながら

焼いていきます。

 

これには、慣れが必要です。

 

できない場合は、

フライパンの奥側の玉子の端に

箸かフライ返しを入れて、

手前側にくるんと回していきます。

 

オムレツの中身の半熟部分が

隠れたら出来上がり。

 

すぐにオムレツをお皿に移します。

 

スポンサーリンク

 

オムレツはふわふわが最高!自宅でできるフライパンを使った簡単裏技

その3:ふわふわオムレツの作り方

 

ふわふわとろりの

プレーンオムレツの作り方です。

 

<材料>

玉子     2コ

牛乳(水分) 大さじ1~2

(玉子の大きさで変わる)

塩、胡椒   少々

バター    適量(多め)

(マーガリン、オリーブオイル可)

 

<作り方>

1.ボールに卵と牛乳、塩、胡椒を

  入れて混ぜる。

  白身のプリっと感が少し残る程度まで。

 

2.フライパンを熱してバターを投入。

火力は強め。

  手が届くところに

  菜箸とフライ返しを用意しておく。

 

3.バターが溶けたら、

  フライパンに1を流し込む。

 

4.フライパンをゆすりながら、

  玉子を菜箸でぐるぐるかき混ぜる。

  オムレツの中身を作るイメージで。

 

5.汁っぽい液体がほとんどなくなったら、

  フライ返しを使って、

  玉子をフライパンの奥側に

  一気に寄せる。

ぐちゃっとなって構いません。

 

チーズなどの具を入れたいときは、

寄せた玉子の中央部に軽く埋め込む。

 

6.フライパンを左手で持ち、

  右手で左手をたたきながら、

  玉子を手前にくるくると回していく。

 

  オムレツを包む外側を作るイメージ。

 

  できない場合は、

  フライパンの一番奥の玉子の端に、

  菜箸かフライ返しを差し込みながら、

  手前に玉子を回していく。

 

7.半周回して、

  玉子の表面が平らでない部分が

  全部隠れたら完成です。

  

  すぐにお皿に移します。

 

オムレツはふわふわが最高!自宅でできるフライパンを使った簡単裏技

その4:まとめ

 

 

ふわふわオムレツの作り方を

紹介しました。

 

オムレツの作り方のポイントを押さえて

繰り返し作ることで

上手になっていきます。

 

なお、オムレツの作り方のポイントは、

こちらで紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓

オムレツが水っぽい!汁なしのふわふわオムレツの作り方のコツ3選

 

オムレツは数分で作れる料理なので、

時短料理としても使えます。

 

上手くできないと諦めずに、

機会を見つけては作ってみましょう。

 

もし、オムレツが

ボロボロとなって失敗したら、

玉子そぼろやスクランブルエッグに

すればいいですね。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket