主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

2017年08月19日 [ オムレツ 半熟 ]
LINEで送る
Pocket

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

 

カフェなどのランチメニューでも

大人気のオムレツ。

 

自宅で手作りしたい料理としても

大人気です。

 

美味しいオムレツのポイントは

 

半熟のふわふわとろとろ感。

 

そんなオムレツを作ろうと

フライパンに玉子を入れてから、

半熟を狙って作ると困ったことが。

 

それはお皿に盛り付けると

分かってしまいます。

 

それが・・・

 

オムレツから汁がでる。

 

私も何度も体験しました。

見ないふりをしてみたことも

何度もあります。

 

しかし、

それでは進歩なし。

 

そう思って試行錯誤したところ、

原因と対策が分かりました。

 

その方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

その1:オムレツの汁の正体

 

オムレツがうまくできた!

 

そう思って、

オムレツをお皿に盛った時に、

汁が目に入って初めて気付きます。

 

そんな「汁」の正体の1つは、

火が通りきれなくて

半熟になれなかった

玉子だったのです。

 

オムレツは

半熟のふわとろを狙って

フライパンで焼きます。

 

その仕上げるタイミングが

ほんの少し早かったのです。

 

だから、半熟になる前に

冷めてしまった玉子が

液体のまま残っているのです。

 

正体が分かれば

対策は簡単。

 

オムレツを仕上げるタイミングを

ほんの少し遅くすればいいですね。

 

オムレツの「汁」の正体には

もう一つあります。

 

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

その2:オムレツの汁の正体2

 

オムレツの材料には、

玉子、塩、胡椒以外に、

牛乳などの水分があります。

 

この水分は、

オムレツをふわふわにするためには、

欠かせないもの。

 

裏技で炭酸水などが

話題になっていますね。

 

しかし、この水分は

玉子に対して多く加えてしまうと、

オムレツが水っぽくなり、

オムレツから

汁が出てくる原因にもなります。

 

目安は玉子2個に対して

水分が大さじ1から2。

 

玉子の大きさによって

必要な水分が変わります。

 

私が作るときは、

玉子を混ぜたときに、

玉子ご飯にしても美味しそうな

水分の量を目安にしています。

 

水分を入れすぎると、

玉子というより液体っぽくなり

ご飯にかけたい感じには

ならないので。

 

このように、

自分にとって分かりやすい目安を

見つけることができれば、

失敗がぐっと減ります。

 

スポンサーリンク

 

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

その3:汁がないオムレツの作り方

 

半熟のふわふわとろとろを

狙いすぎるのが原因の「汁」対策は

フライパンの焼き方がポイント。

 

フライパンは、

下から火(熱)を当てることで、

玉子を焼いていきます。

 

つまり、玉子は、

フライパンに接した部分が焼けます。

 

反対に、

フライパンに接していない玉子は

焼けません。

 

だから、

玉子をまんべんなく半熟にするには、

 

全ての玉子が

フライパンに接するようにして、

火の通りが

偏らないようにするのがポイント。

 

だから、

私は玉子をかき混ぜ続けるのと同時に

フライパンを揺すり続けるように

しています。

 

そして、

オムレツから汁がでがちな私は、

 

「玉子が半熟になったから今だ!」

 

と思ってから、

2呼吸くらい置いてから

仕上げるようにしています。

 

詳しい作り方は

こちらに紹介しています。
↓ ↓ ↓ ↓

オムレツはふわふわが最高!自宅でフライパンを使って簡単に作る方法

 

オムレツをお皿に盛ると汁が!半熟のふわふわ感を美味しく作るコツ

その4:まとめ

 

オムレツを仕上げた時に、

お皿に汁が出てくるときの、

オムレツを作るコツを紹介しました。

 

材料の水分の量が合っているなら、

フライパンで焼くときのタイミングが

ほんの少しだけずれている

可能性が高いです。

 

オムレツを仕上げるタイミングを

2呼吸くらい置いてみてください。

 

このタイミングは、

同じ火加減で何度も試すことで

コツがつかめてきます。

 

もうひと息なので、

諦めずに続けてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket