主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

2017年09月01日 [ コロッケ メンチカツ 違い ]
LINEで送る
Pocket

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

 

メンチカツとコロッケは

歩きながら食べられる揚げ物として

大人気。

 

観光地周辺では、

肉屋さんの作る

メンチカツとコロッケを求めて

行列ができているのを見かけます。

 

また、晩ご飯のおかずとしても

ボリュームがあって家族が喜ぶメニュー。

 

そんな、メンチカツとコロッケですが、

お店で見るだけでは、

どっちがどっちか分からない人も。

 

そんなメンチカツとコロッケの

違いと見分け方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その1:メンチカツの作り方を知る

一見コロッケにも見える揚げ物を

パクッとかぶりつくと・・・

 

ジューシーな肉の味が

口いっぱいに広がる!

 

これはメンチカツだ!

 

そんなときは、

ちょっとリッチな幸せ気分に。

 

メンチカツは、

主に、ひき肉と玉ねぎ、

玉子とパン粉を使って作ります。

 

みじん切りした玉ねぎに、

ひき肉と玉子、

パン粉と調味料類を加えて、

手でに粘りが出るまで捏ねます。

 

ん?ここまでの作り方って・・・

 

まさに

ハンバーグ。

 

そう、メンチカツの中身は、

ハンバーグだったのです。

 

知っているようで知らない。

そんな豆知識でした。

 

メンチカツ作りは続きます。

 

捏ねてできたタネを、

メンチカツ1個分の形に整えて、

小麦粉、溶き卵、パン粉を

順につけていきます。

 

これが、いわゆる「衣」ですね。

 

そして、

衣をつけたメンチカツのタネを

油で揚げれば出来上がり。

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その2:コロッケの作り方を知る

コロッケのポイントは

マッシュしたジャガイモの

 

ほくほく感。

 

コロッケの作り方は、

ジャガイモを茹でて潰します。

電子レンジでもOK.

 

ジャガイモ味のアクセントに

ひき肉と玉ねぎのみじん切りを

炒めたものを用意します。

 

炒めたものと、

潰したジャガイモを混ぜて、

調味料で味を調えます。

 

これが、コロッケのタネ。

 

このタネ

をコロッケ1個分の形に整えて、

小麦粉、溶き卵、パン粉を

順につけていきます。

これが、いわゆる「衣」ですね。

 

コロッケの衣は、

メンチカツの衣と作り方は同じ。

 

天ぷら以外の揚げ物の「衣」は、

ほとんどこの作り方と同じです。

 

衣をつけたコロッケを

油で揚げれば出来上がり。

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その3:メンチカツとコロッケの見た目の違い

メンチカツとコロッケの作り方を

ざっくりとお伝えしました。

 

この二つは、タネは違いますが、

衣は全く同じ。

 

だからこそ、見ただけでは

見分けられない人が多いのです。

 

しかし、じっくり見れば、

見た目だけでもある程度は、

見分けることができます。

 

ただしこの方法は、

100%ではありません。

 

期待はほどほどでお願いします。

 

まず、一つめは、

すぐに確認できる形から。

 

コロッケは、昔の小判のように、

縦長の楕円形の形。

 

一方メンチカツは、

コロッケに比べて丸めの形をしています。

 

もう一つは、面の部分。

 

コロッケの楕円形の面はほぼ平ら。

 

一方、メンチカツの丸い面は、

ほんの少しだけ丸みを帯びています。

 

なぜ、

このような違いがあるかというと、

コロッケとメンチカツの

タネの違いにあります。

 

コロッケのタネは

潰したジャガイモが大部分を占めるので、

形が整えやすい。

 

しかし、メンチカツのタネは、

ハンバーグと同じなので、

コロッケに比べて柔らかく、

形が整えにくいのです。

 

また、

メンチカツのタネのひき肉は、

コロッケと違って生のまま。

 

油で揚げて火を通すことで、

ひき肉から肉汁が出てきます。

 

そのため、メンチカツの面は、

平らではなく丸みを帯びやすいのです。

 

こういった理由から、

メンチカツとコロッケには、

少しですが見た目に違いがあります。

 

しかし、この見分け方は、

家で手作りしたものには、

あまり効果はありません。

 

プロ並みの腕でなければ、

コロッケやメンチカツの形を作る時、

いびつな形になりやすい。

 

だから、見た目で判断するのは、

格段に難しくなります。

 

スポンサーリンク

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その4:メンチカツとコロッケの割った断面の違い

メンチカツはひき肉がメイン、

 

一方、コロッケは、

ジャガイモがメインです。

 

この違いにより、

2つを割った断面の色が全く違います。

 

メンチカツは、

肉に火が通った色。

 

一方、コロッケは、

ジャガイモのクリーム色。

 

このように、

主となる色が全く違うので、

割れば簡単に見分けることができます。

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その5:メンチカツとコロッケの味の違い

メンチカツとコロッケの味の違いは、

何度も食べたことがあると思うので、

分かるとは思います。

 

メンチカツのタネは、

ハンバーグのタネと同じ。

 

肉のジューシーな味が、

衣で包み込まれているので、

肉のぎゅっと詰まった旨みが、

衣のサクサク感と合わさって、

倍増した美味しさ。

 

一方、コロッケは、

マッシュしたじゃがいもが主体。

 

ほくほくしたじゃがいもに、

炒めたひき肉と玉ねぎの味が

アクセントになった優しい美味しさです。

 

見た目はほぼそっくりな

メンチカツとコロッケですが、

その味と味わい方は、

全然違いますね。

 

メンチカツとコロッケの違いは?見て食べて分かる簡単見分け方3選

その6:まとめ

メンチカツとコロッケの違いは、

それぞれの作り方の違いに

つながります。

 

そのため、この2つの作り方を

ざっくりと紹介した後、

見た目と味での見分け方を

紹介しました。

 

コロッケの見た目は、

小判型できっちり整形された形で、

割ると中身はクリーム色。

 

一方、メンチカツは、

形も面も丸みを帯びた形で、

割ると中身は肉に火が通った色。

 

というような違いがあります。

 

また、その味の違いは、

何度も食べたことがあると

思いますので、

ここでのまとめは省略します。

 

メンチカツもコロッケも

大人気の揚げ物料理です。

 

お肉屋さんが店頭で

メンチカツやコロッケを揚げていたら、

つい買ってしまいますね。

 

そんなお店を見たけたとき、

メンチカツとコロッケの違いを

思い出して、にやにやできる

ねたにでもなればと思います。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket