主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

2017年07月05日 [ ゴルフ サンバイザー 帽子 ]
LINEで送る
Pocket

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

 

ゴルフで夏といえば、

恐怖の灼熱ゴルフコース。

 

夏の野外で涼める木陰などはもちろんなく、

移動で歩く部分は

美しい芝生が広がるばかり。

 

そんななかでも、

ゴルフを楽しみたい。

 

そこで気になるのが、

日差しを遮るアイテムである

帽子とサンバイザー。

 

どちらを選ぶか悩みどころの一つ。

 

そんな悩みを吹き飛ばす

帽子とサンバイザーのどちらを選ぶかの

参考になるポイントを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

その1:帽子とサンバイザーの共通点

 

帽子とサンバイザー、

 

どちらを選ぶかを悩むのは、

2つともに同じような機能が

あるということです。

 

ゴルフにおけるその機能とは、

 

日差しを遮ること(日よけ)

 

ゴルフのコースでは、

日陰になるようなところがありません。

 

そして、スイングする時には、

ゴルフボールと、コースの周囲を

見る必要があります。

 

しかし、夏なら特にですが、

日差しがきついと、

目の前が眩しくて、

それらをはっきりと認識できないことも。

 

だからこそ、

ゴルフには帽子かサンバイザーが

必要なのです。

 

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

その2:帽子とサンバイザーの違い

 

帽子とサンバイザーの大きな違いは、

頭部が覆われているかどうかです。

 

夏の炎天下に外にいることで

一番の心配は、

 

熱射病

 

それを予防する方法の一つが、

頭部を日陰にすることです。

 

しかし、サンバイザーは、

頭部を覆わないため

予防することができません。

 

一方、帽子は頭部をすっぽり覆うため、

予防することができます。

 

サンバイザーと日傘の

両方の役割を持つともいえます。

 

だからこそ、夏のゴルフコースでは、

日差しを遮れて、

頭部を覆って日陰にできる

帽子を選ぶのがベストです。

 

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

その3:夏にサンバイザーを選ぶのはなぜ?

 

夏の炎天下や熱射病のことを考えると

帽子を選ぶのがおすすめですが、

サンバイザーを選ぶ人たちもいます。

 

なぜ、サンバイザーを選ぶのでしょう。

 

一つは、髪型が崩れるから。

 

外出するときには、

おしゃれの1つとして、

髪型を整えます。

 

女性にとっては、化粧と同じくらい

髪型にはこだわりがあります。

 

化粧をしないでは外に出られない。

 

このように思う人達も多いのです。

髪型についても同じこと。

 

帽子を被ると髪型が崩れるだけでなく、

ハーフタイムなど休憩のときに、

帽子を脱いでしまうと・・・

 

崩れた髪型をみんなに見られる。

 

これが苦痛なので、

髪型が崩れにくい

サンバイザーを選ぶ人が多いようです。

 

もう一つは、

スポーツに付きもののファッション。

 

ゴルフにも、

ゴルフならではのファッションがあります。

 

ゴルフ仲間やゴルフ雑誌などで、

サンバイザーが注目されれば、

サンバイザーを選ぶ人が増えます。

 

このように、帽子とサンバイザーは、

機能性だけでなく、

ファッションとしても選ぶもの。

 

つまり、個人の考えや好みで

どちらでも好きに選べばよいもの

といえます。

 

ゴルフでは、帽子とサンバイザー

どちらを選ぶべきというものは

特に決まっていませんね。

 

スポンサーリンク

 

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

その4:夏にサンバイザーを選ぶなら

 

夏の炎天下でも、

サンバイザーを使いたい。

 

そんな気持ちは十分分かります。

 

しかし、夏の日なたは、

何もせずに長時間いるだけでも、

体がとても疲れます。

 

普段、体を鍛えていないならなおさら。

 

できれば、無駄な体力消耗は押さえて、

ゴルフに力を向けたいですね。

 

そんな人に勧めたいのが・・・

 

日傘。

 

ゴルフコースでは、確認は必要ですが、

基本的には日傘が使えるところが多いです。

 

日傘は、簡単に日陰を作ることができます。

それも角度を変えて、

日陰の場所を変えれることができます。

 

そうはいっても、

日傘をさせるのは、

コースの移動中や待ち時間といった

短い時間かもしれません。

 

しかし、夏の暑いときには、

そのちょっとした時間でも涼めると、

体への負担が軽くなります。

 

邪魔くさいかもしれません。

 

しかし、夏のゴルフには、

日傘を荷物にそっと忍ばせておくのも

いいのではないでしょうか。

 

ゴルフでは夏に帽子かサンバイザーどっちを選ぶ?その違いを徹底解説

その5:まとめ

 

夏の炎天下でのゴルフでは、

帽子とサンバイザーをどちらを選ぶかの

決め手になる違いについてご紹介しました。

 

涼しい材質でできた帽子が一番。

 

しかし、髪型やファッションなので

サンバイザーが好みの人もいます。

 

帽子の機能を補うために、

日傘を使うことをご紹介しました。

 

日傘はいちいちさす必要があるので

邪魔くさいかもしれませんが、

体力温存の対策としても

用意しておいて損はないと思います。

 

夏の炎天下でのゴルフは、

体調管理が第一です。

 

自分の体力を過信せずに、

対策を怠らないようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA