主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

2017年06月10日 [ 夏風邪 対処 引き始め ]
LINEで送る
Pocket

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

 

夏だけど風邪ひいたかな。

でも、体調を崩しただけかも。

 

そんな風に考えてしまいがちです。

 

夏はうなるような暑さで

風邪でなくても、

体が熱っぽくなったり、

だるくなったりします。

 

そんな症状が

風邪に似ているのが痛いところ。

 

でも、風邪に引き始めの対処は、

夏の体調不良にも効果があります。

 

それなら、少しでも夏風邪かなと感じたら

疑わずに対処しましょう。

 

少しでも早い方が

風邪の引き始めで症状が軽いうちに

対処できますから。

 

ただし、夏の風邪(夏風邪)と

冬の風邪は症状が異なります。

 

夏風邪の特徴を押さえて

引き始めの対処を行いましょう。

 

ここでは、10年以上

風邪で病院に通っていない私が、

一人で簡単にできる、

夏風邪の引き始めの対処方法を

紹介します。

 

油断せずに、すぐに実行しましょう。

 

スポンサーリンク

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その1:夏風邪と冬の風邪の違い

 

日本の夏といえば、

高温多湿な気候です。

 

一方、日本の冬は、

寒くて乾燥しています。

 

このように夏と冬では

気候が全く違うからこそ、

「風邪」のウイルスも違います。

 

夏の主な風邪のウイルスは、

アデノウイルスやエンテロウイルスなど。

 

一方、冬の主な風邪のウイルスは、

コロナウイルスや

インフルエンザウイルスなど。

 

このように、

原因となるウイルスが違うからこそ、

夏風邪と冬の風邪では症状が違うのです。

 

夏風邪の症状のポイントは、

「喉(のど)」と「お腹」

 

夏に喉が痛くなったり、

腹痛や下痢などの症状があるなら、

夏風邪の可能性が高いです。

 

すぐに引き始めの対処をしましょう。

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その2:体力温存は休息で対処

 

夏は地獄のような暑さで

気力と体力が削り取られます。

 

夏バテという言葉があるほど。

 

しかし、そんな状態では、

夏風邪に対抗できません。

 

実は、夏風邪のウイルスに対して、

 

直接効果がある薬はない

のです。

 

病院で処方される薬は、

いわゆる対処療法のためのもの。

 

なので、できるだけ体力を温存して

自然治癒力に任せるしかありません。

 

体力温存に効果ある簡単なことは、

 

寝ることです。

それも、快適にぐっすりと。

 

そのために使える

夏ならではのものは、

 

クーラーです。

 

クーラーの冷えは、

過剰に体を冷やしたり、

体にストレスを与えるので、

あまり勧められません。

 

しかし、何よりも

夏バテの原因にもなる

暑さをどうにかするのが先決です。

 

暑さは体力をそぎ落とします。

 

クーラーを使うときは、

温度設定は温かめの28度くらいにし、

お腹が冷えないように気を付けます。

 

また、寝ながら、

スマホやゲームなどをするのは止めて、

寝ることに集中しましょう。

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その3:栄養を十分に摂る

 

夏風邪の対策として、

体力温存と並んで大切なのは栄養です。

 

でも、無理に食事をするのは、

消化にもエネルギーを使うし、

食べるのもつらいですね。

 

そんなときは、

 

栄養ドリンク

 

飲むだけなので手軽で簡単ですね。

 

ドラッグストアに行くと、

いろんな種類の栄養ドリンクがあります。

 

どれを選ぶか迷ってしまいます。

 

おすすめの栄養ドリンクは、

定価1000円以上のもの。

 

値段相応という言葉は、

栄養ドリンクにも当てはまります。

 

ここはガツンと奮発するところ。

 

あと、栄養ドリンクの追加として

おすすめなのは、

米麹から作った甘酒です。

 

江戸時代には、栄養補給のために

夏に飲まれていた甘酒。

 

飲む点滴と呼ばれるほど

栄養がたくさん含まれています。

 

甘酒好きなら、

調子が悪いときこそおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その4:水分を十分に摂る

 

熱やお腹の調子が悪いと

体の水分が不足しがちになります。

 

そんなときの水分補給には、

 

ポカリスエット

 

風邪をひいて

病院で診察を受けたときに、

ポカリスエットを勧められました。

 

医者もすすめるポカリスエット。

 

ポカリスエットに似た

スポーツ飲料もありますが、

代わりにはならないそうです。

 

必ずポカリスエットを

用意しましょう。

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その5:免疫アップでウイルス対策

 

夏風邪の原因のウイルスは、

体の免疫細胞が攻撃してくれます。

 

睡眠や栄養でも

十分助けになるのですが、

もうひと押しするなら、

 

ビタミンCの大量摂取

です。

 

ビタミンCは免疫力アップに

とても効果があります。

 

そのうえ、サプリメントなので

手軽に摂取できるのもポイント。

 

睡眠や栄養と一緒に

ビタミンCも摂りましょう。

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その6:お風呂をうまく使う

 

体の免疫を働かせるには、

体内のウイルスがいる部分の温度を

上げるのが効果的です。

 

だから、夏風邪をひいたりすると

体温が上昇するのです。

 

人間の体はうまく出来ていいますね。

 

体の温度を上げるのに

効果的なものといえば・・・

 

お風呂です。

 

肩を冷やさないようにタオルをかけて、

ぬるめの湯で半身浴をします。

 

できれば20分。

 

ただし、お風呂にはいるのは、

かなりのエネルギーを消費します。

 

自分の体調を見ながら、

絶対に無理をしないように、

ほどほどにするようにしてください。

 

夏風邪は引き始めの対処が肝心!一人で簡単に早く治す5つの対策とは

その7:まとめ

 

夏風邪の引き始めの対処を紹介しました。

 

夏風邪かもと思ったら、

すぐに、

ぐっすりと寝れる環境と時間を

確保します。

 

そして、栄養と水分補給、

ビタミンCで免疫力を上げて、

ウイルスを撃退します。

 

できるなら、お風呂に入って

体を温めましょう。

 

夏風邪でお腹に症状がでると、

完治するには時間がかかります。

 

急がずにじっくり対処しましょう。

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket