主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

靴下を乾かすのは学校でもできる?雨で替えがない場合の対処

2019年06月12日 [ 乾かす 学校 替え 靴下 ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

雨が降っているなか学校に行くと、

雨水が靴に入ってしまい、

靴と靴下がびしょびしょ

というときありますよね。

 

でも、この濡れた靴下を

そのまま履いていると、

靴下は蒸れて気持ち悪いし、

上靴も濡れてしまいます。

 

替えの靴下を持って入れば、

濡れた靴下を脱いで履き替え、

濡れた靴下をビニール袋に入れて

持って帰ればいいですね。

 

しかし、替えの靴下がない場合は、

できるとこまで

学校で靴下を乾かしたい。

 

そんなときの靴下の乾かし方を

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

靴下を乾かすのは学校でできる?

 

雨で濡れた靴下はびしょびしょ。

 

洗濯機の洗濯でいうと、

洗剤なしで洗濯の状態で、

脱水ができていません。

 

脱水ができていない状態は、

学校を帰るまでの7,8時間の間には

とても乾かないのです。

 

学校では、洗濯機で脱水ができないし、

ドライヤーやアイロンなどの

乾かす道具も使えません。

 

だから、学校でできることは

限られているので、

完全に乾かすのは難しい。

 

でも、濡れた靴下の状態を

ましにすることはできます。

 

靴下の水分をできるだけ取り除く

 

そこで、まずすることは、

濡れた靴下の水分を

できるだけ取ること。

 

濡れた靴下を手に持ち、

徹底的に絞りましょう。

 

濡れてもいい場所なら、

靴下を小さく折りたたんでから、

足で踏むと

靴下から水分が絞り出されます。

 

これだけでも、

濡れた靴下からは水が絞り取られ

乾きやすくなったはず。

 

次に、靴下の水分を吸収できるものを

かき集めます。

 

ハンカチ、タオル、きれいなぞうきん、

ティッシュ、新聞紙、

わら半紙の手紙など。

 

これらを靴下の下に置くか、

靴下を挟んでから、

上からぎゅっと押さえます。

 

ただし、ティッシュは、

水でゆるゆる&ボロボロになって

くっついてしまいます。

 

ティッシュを使うときは、

新聞紙、わら半紙で包んで、

補助として使いましょう。

 

こうすると、靴下の水分が

ハンカチなどに吸い取られて、

靴下の水分がさらに減ります。

 

靴下の水分を抜いたら、

次は靴下を乾かします。

 

靴下を乾かす

 

靴下を乾かすときは、

靴下の風を当てるのが効果的。

 

日なたにかけられるなら

いうことなし。

 

でも、雨で靴下が濡れたなら、

天気は雨なので

日が当たる場所はありません。

 

となると、

靴下に風が当てられる場所が

学校にないか考えてみてください。

 

まず、下駄箱は濡れた靴があるので

さらに靴下まで置くと、

湿気が酷くなって乾きません。

 

例えば、教室の後ろの方で

カバンを置く場所や、

ぞうきんをかけている場所、

椅子や机の下方にある横棒、

手提げかばんをかける場所、

窓際などなど。

 

もし、いい場所があればラッキー。

 

そこに靴下をかけておきましょう。

 

あとは、靴下がどこまで乾くかは、

場所次第ですね。

 

学校で靴下を乾かす方法に

ある程度めどが付いたら、

靴下を乾かしている間どうするか。

 

スポンサーリンク

 

靴下を乾かすのは学校でもできる?雨で替えがない場合の対処

雨で靴下の替えがない場合にすること

 

雨で靴下が濡れた時、

替えの靴下がないから、

靴下を乾かしているはず。

 

すると、履く靴下がないので、

上履きを履くときに

裸足になってしまいますよね。

 

上履きに裸足というのが

抵抗があるのは分かります。

 

でも、濡れた靴下を履いたままだと、

靴下も上履きも蒸れてしまい、

足のコンディションが悪くなります。

 

下手すると、

靴下が濡れているうえに、

臭いも気になることにも。

 

だから、靴下が雨で濡れてしまって

替えの靴下がないときは、

諦めて裸足で上履きを履きましょう。

 

しかし、裸足で上履きを履くと、

足の汗などで上履きの靴の中が

蒸れてしまいます。

 

だから、学校の授業中は、

上履きを脱いで裸足になるのです。

 

国語や社会など、

教室で座って受ける授業なら、

授業中は誰も人の足元をみません。

 

学校にいる間の授業の時間って

結構長いですよね。

 

授業中の間だけでも、

上履きを脱いでしまいましょう。

 

スポンサーリンク

 

靴下を乾かすのは学校でもできる?雨で替えがない場合の対処

まとめ

 

雨で濡れた靴下を学校で乾かす方法を

ご紹介しました。

 

靴下は濡れたまま履いていると、

履き替えた上履きも濡れてしまい、

足のトラブルや臭いの原因にもなります。

 

靴下を洗濯して乾かすという

自宅でできることが

学校ではできないので、

靴下の乾き具合は

妥協するしかありません。

 

雨は梅雨や台風の季節だと、

降る日が多くなります。

 

替えの靴下は必ず持っていき、

念のために、

予備の靴下を学校に1足置いておく

というのもおすすめです。

 

学校に行くとき濡れた靴を乾かすなら

こちらの方法をチェック。

↓ ↓ ↓ ↓

学校なのに雨で靴がびしょびしょ!濡れたコレを乾かす方法

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA