主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

甘酒の作り方のうち米麹を魔法瓶でうまく発酵させる超節約な方法

2017年05月14日 [ 作り方 甘酒 米麹 魔法瓶 ]
LINEで送る
Pocket

甘酒の作り方には、

酒粕を使う方法と

米麹を使う方法があります。

 

市販されている甘酒は、

どちらかと言うと

酒粕を使った甘酒をよく見かけます。

 

しかし、ノンアルコールであり、

酒臭くもなく、

子供も大好きな甘酒といえば、

米麹から作る甘酒ですね。

 

米麹をじっくり発酵させて作ることで、

麹菌が持つ100種類以上の酵素や、

ビタミン、必須アミノ酸など、

数え切れないほどの

多くの栄養が内包されています。

 

まさに「飲む点滴」です。

 

このように、

パワーにあふれた甘酒ですが、

コツをつかめば

自宅でも簡単に作ることができます。

 

スポンサーリンク

 

さらに、市販で

販売されているものより遥かに美味しい。

 

一度作ればとりこになること間違いなし。

家族からせがまれるのが

大変になるかもしれませんが。

 

甘酒を作るときに肝となる工程は、

「麴菌を発酵させる」こと。

 

発酵には、60度の温度を

8時間以上キープする必要があります。

 

そんな「麹(コウジ)菌を発酵」

に使う道具と

米麹を使った作り方をご紹介します。

 

甘酒を発酵させるときに使う道具

 

美味しい甘酒を作るには、

麹菌を60度で発酵させるのがベスト。

 

自宅で発酵させるときに使う道具

として知られているのは、

 

・炊飯器

・ヨーグルトメーカー

 

それにプラスして隠し玉の

 

魔法瓶(ポット)。

 

魔法瓶(ポット)を使う方法は、

電気代の節約を考え抜いて

見つけた方法なのです。

 

しかし、今では知られた方法のようです。

ちょっと寂しい気分・・・。

 

魔法瓶(ポット)以外の方法で

作らないのには理由があります。

 

まず、甘酒を作るのには

8時間近くかかります。

 

炊飯器を使うとすると、

甘酒を作っている間ご飯が炊けません。

だから、炊飯器を使うのは

やめようと思いました。

 

そして、炊飯器とヨーグルトメーカーに

共通するのが電気代のこと。

 

大した電力ではないかもしれませんが、

電気を使わないのに

越したことがありません。

 

魔法瓶(ポット)なら電気代0ですから。

 

炊飯器とヨーグルトメーカー以外で

長時間保温できるものを考えたら・・・

 

魔法瓶(ポット)がある!

 

となりました。

 

私が甘酒も作れるように

用意した魔法瓶(ポット)は、

 

サーモスのステンレスポット1.5L

 

この商品に決めたきっかけは、

thermos の宣伝でした。

 

沸かしたお湯をポットに入れて8時間置き、

そのお湯でパスタを茹でる。

 

そんなコマーシャルを見て

衝撃を受けました。

 

それなら甘酒も作れるじゃないか。

そうして魔法瓶(ポット)を使った

甘酒づくりを始めたのです。

 

スポンサーリンク

 

甘酒の作り方のうち米麹を魔法瓶でうまく発酵させる超節約な方法

魔法瓶(ポット)を使った甘酒の作り方

 

魔法瓶(ポット)の中でも、

サーモスのステンレスポット1.5L

を使った作り方を紹介します。

 

作り方はどの分量でも同じです。

手持ちのポットに合った分量に

置き換えてくださいね。

 

米麹を使った甘酒を作る材料の比率は、

米麹:ご飯:水=1:1:3

 

1.5Lのポットを使用するときの材料の分量

米麹 :300g

ご飯 :300g

水  :900cc

 

<作り方>

1)鍋にご飯と水を入れて少し煮込みます。

目安は芯があるおかゆ状くらい。

 

2)1)を60度まで冷まします。

 

3)2)と同時にポットに熱湯を入れて温めます。

 

4)3)に米麹を入れて混ぜます。

 

5)4)の温度を60度まで温めます。

鍋の周りが熱くなるので

弱火でよく混ぜてください。

 

6)5)をポットに入れます。

温度が62度(~60度)であるか確認します。

 

7)8時間以上発酵させる。

ときどきポットを動かして混ぜます。

 

ポットはできるだけ温かい場所に

置いておきます。

 

優秀なポットでも温度が下がるので。

 

6時間を超えてくると、

ときどき温度を計ります。

 

55度以下になるようなら、

温めなおします。

 

スポンサーリンク

 

甘酒の作り方のうち米麹を魔法瓶でうまく発酵させる超節約な方法

まとめ

 

米麹を使った甘酒の作り方を

紹介しました。

 

魔法瓶(ポット)を使って

甘酒を作ると電気代は節約になります。

 

しかし、どうしても

温度が下がりすぎてしまうことがあります。

 

そのチェックのためには、

料理用の温度計が欠かせません。

 

温度管理ができると、

甘酒の成功率がぐぐっと上がります。

 

料理用の温度計と、

優秀な魔法瓶(ポット)を用意して、

米麹を使った甘酒づくりに

チャレンジしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA