主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

2018年05月25日 [ くっつく フライパン 冷凍チャーハン ]
LINEで送る
Pocket

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

 

冷凍チャーハンは、

温めるだけなので、

ご飯がないときや、

昼ご飯などにとっても便利。

 

日持ちするのもあって、

冷凍チャーハンは、

冷凍庫に買い置きするのにピッタリ。

 

そんな冷凍チャーハンですが、

温める(解凍する)ときに

困ったことが。

 

それは・・・

 

フライパンにくっつく。

 

冷凍チャーハンのパッケージには、

フライパンで温める方法も

書いてあります。

 

しかし、その説明は

細かく書かれていないので、

行間を読む必要があるのです。

 

そこで、冷凍チャーハンを

フライパンにくっつかずに

温める(解凍する)コツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その1:冷凍チャーハンがフライパンにくっつくとき

冷凍チャーハンは、

チャーハンのご飯が一粒ずつ

凍っています。

 

そして、そのご飯粒は、

チャーハンなので、

油でコーティングされた状態。

 

では、そんな冷凍チャーハンが、

フライパンにくっつく

というのはどんなときでしょう。

 

それは・・・

 

チャーハンが溶けて、

ご飯粒に水分が残っているとき。

 

その状態では、

チャーハンがべとついて、

フライパンにくっついてしまい、

焦げ付きやすいのです。

 

つまり、くっつきやすいのは、

冷凍チャーハンのご飯粒が溶け始め、

その水分が飛ぶまでの間。

 

だから、その時間を、

短時間に押さえて、

焦げ付きにくいフライパンを使えば、

くっつきにくくなります。

 

そこで、まずは、

冷凍チャーハンのための

フライパンの選び方。

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その2:冷凍チャーハンのためのフライパン

冷凍チャーハンは

フライパンにくっつきやすい。

 

だから、くっつきにくい

フライパンを使うのがベスト。

 

焦げ付かないフライパンといえば

 

テフロン加工のフライパン。

 

テフロン加工なら、

フライパン自体が焦げ付きにくいので

冷凍チャーハンにもってこいですね。

 

もう一つは、

じっくり油をなじませた

鉄製フライパン。

 

鉄製のフライパンは、

育てるという言葉があります

 

油をなじませながら

使い込んだ鉄製フライパンは、

焦げ付きにくい。

 

冷凍チャーハンを作るときは、

この2つのフライパンのどれかを

使うことをお勧めします。

 

使うフライパンが決まったら、

次は火力ですね。

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その3:冷凍チャーハンを美味しくする火力

冷凍チャーハンは、

米粒から溶けて水分が出てくるときが

もっともくっつきやすい。

 

だから、

その時間をできるだけ短くするのが

ポイント。

 

また、ご飯でチャーハンを作るとき、

べとつかずにパラパラに作るには、

強い火力で一気に仕上げるのが

最大の秘訣。

 

この2つを踏まえると、

火力は強めの中火で、

溶けるときにご飯粒から出る水分を

できるだけ早く蒸発させましょう。

 

この方法を採るには、

チャーハンをフライパンにくっつかせない

油が重要になります。

 

スポンサーリンク

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その4:冷凍チャーハンをくっつかせない油

冷凍チャーハンは、

初めはフライパンに油は使わない

と書かれているはず。

 

冷凍チャーハン自体に

油が十分使われているのが

その理由です。

 

でも、鉄製のフライパンは

焦げ付きやすい。

 

だから、フライパンの種類によって

油の使い方を変えます。

 

まず、

テフロン加工のフライパンは、

油を使いません。

 

一方、鉄製のフライパンは、

オムレツを作るように、

フライパンを熱く予熱してから、

油を少し入れます。

 

この準備が終わってから、

フライパンに冷凍チャーハンを

入れます。

 

そして、

どちらのフライパンでも、

冷凍チャーハンのご飯が溶けて

温まってきたら、

 

油かごま油を少しだけ鍋肌から入れて、

その油を使って、

一気にチャーハンを炒めましょう。

 

油(ごま油)を入れるのは、

鍋肌(鍋のふち)からを忘れずに。

 

チャーハンのご飯の上から

かけないように。

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その5:冷凍チャーハンを温めるときの盲点

 

冷凍チャーハンを解凍(温める)

というと、

フライパンの油や火力に

気を取られがち。

 

でも、チャーハンを手作りする人は

分かると思います。

 

チャーハン作りを失敗する

一番の原因。

 

それは・・・

 

1回に作る量。

 

チャーハンをパラパラに作るには、

ご飯が油とフライパンの熱に

直接接するようにすることで

一気に炒め上げるのです。

 

つまり、美味しいチャーハンを

1回に作る量は、

 

ご飯1杯分。

 

それも、

大きめのフライパンで。

 

ご飯の量が多くなるほど

失敗する確率が格段に上がります。

 

冷凍チャーハンも同じ。

 

つい、食べる分だけ

一気に温めてしまいたくなります。

 

しかし、それは、冷凍チャーハンが

フライパンにくっつく大きな原因の一つ。

 

普通のチャーハンも

冷凍チャーハンでも、

一度に作る量は、

 

ご飯1杯分。

 

と覚えておきましょう。

 

多くても2杯分が限度です。

 

スポンサーリンク

 

冷凍チャーハンがフライパンにくっつく!簡単パラパラに作るコツ5つ

その6:まとめ

冷凍チャーハンを

フライパンにくっつかないように

作るコツを紹介しました。

 

一番押さえておきたいコツは、

 

1回に作る量。

 

チャーハンをパラパラに作るなら

1回に作る量は少ないほど

簡単になります。

 

できればご飯一杯分。

 

多くてもご飯2杯分で

作ってみましょう。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA