主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

2018年07月14日 [ パン 冷凍 日持ち ]
LINEで送る
Pocket

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

 

パンは食事や小腹が空いたときなどに

手軽に食べられるのがいいところ。

 

だから、買いだめしておくと

とって便利ですよね。

 

特に、

業務スーパーの天然酵母食パンや

コストコの大量のパンなどは、

一度にとても食べられません。

 

うちでは、このように、

一度に食べきれないパンは、

冷凍保存しています。

 

冷凍保存は日持ちするし、

美味しさも長持ち。

 

でも、そうはいっても、

冷凍する期間は

短い方がいいに決まっています。

 

そこで、

パンを冷凍保存するとき、

どれくらい日持ちするかと、

いつまでなら食べられるか

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その1:冷凍したパンの日持ち期間

冷凍したパンは、

常温や冷蔵で保存したより

はるかに長く日持ちします。

 

これは、

ほかの食材と同じ。

 

特に、パンは冷蔵保存だと、

美味しさが落ちやすいことが

知られています。

 

だから、なおさら、

食べ切れないときは

冷凍保存が必須ともいえます。

 

その冷凍保存の長さには、

パンを美味しく食べられる期間と

パンの風味は落ちるけど食べられる期間

があります。

 

つまり、

パンを美味しく食べたいかどうかで

冷凍保存の期間の長さが

変わります。

 

そして、

美味しく食べたいパンほど

冷凍保存の期間は短い。

 

そうはいっても、

誰でもパンは美味しく食べたいはず。

 

だから、冷凍保存したパンは

美味しく食べたいなら

できるだけ早く食べるのがベスト。

 

では、冷凍保存のパンが

美味しく食べられる目安となる

期限はいつぐらいまででしょうか。

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その2:冷凍したパンが美味しく食べられる期限

 

冷凍したパンが

美味しく食べられる期限は

どれくらいの長さでしょうか。

 

冷凍保存には、

冷凍ならではの問題があります。

 

それは・・・

 

冷凍焼け。

 

鶏肉をラップせずにに

冷凍すれば分かりますが、

表面がすごく乾燥してパサパサに。

 

これと同じことが、

パンにも起こります。

 

そうなると、食感が悪くなり、

風味も落ちてしまいます。

 

また、

 

パンはにおいを吸収しやすい。

 

冷凍庫には、

冷凍庫ならではのにおいや、

冷凍庫に入った他の食材のにおいが

充満しています。

 

においに敏感なパンには

冷凍庫はいい環境とはいえません。

 

でも、このようなことを

できるだけ避けるために、

ラップやジップロックなどを使って、

空気を抜いてから

密閉して冷凍するのは必須。

 

それでも、

冷凍焼けやにおいを

完全にシャットアウトできません。

 

また、冷凍庫の開閉などで

庫内の温度が上がって

半解凍状態になる可能性も。

 

だから、冷凍したパンは、

美味しく食べるには、

2週間くらいまで。

 

長くても1ヶ月以内には

食べた方がいいでしょう。

 

では、冷凍パンを

食べることができる期限は

いつまででしょうか。

 

スポンサーリンク

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その2:冷凍パンが食べられる日持ちの期限

パンが食べられないというのは、

パンが腐ったり、

カビが生えた場合のこと。

 

冷凍庫は、-20度と

とても冷たい環境。

 

だから、

パンが腐る原因の腐敗菌や、カビは

ほとんど活動しません。

 

つまり、

冷凍したパンは、

風味や味を除けば

普通は長い期間日持ちする

といえますね。

 

では、冷凍パンが

どれくらいの期間日持ちするか

具体的な期間をご紹介します。

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その3:パンを1ヶ月冷凍した場合

パンを1ヶ月冷凍した場合は、

惣菜パンや具材を包んだパン以外は

美味しく食べることができます。

 

ただし、

冷凍焼けを起こさないように、

空気を抜いて密閉して

冷凍しておきましょう。

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その4:パンを2ヶ月冷凍した場合

パンを2カ月冷凍した場合は、

1ヶ月冷凍したものよりは

風味が落ちる場合があります。

 

でも、まだ十分

美味しく食べられます。

 

冷凍用に作られたパンなら

なおいいですね。

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その5:パンを半年冷凍した場合

パンを半年冷凍したものが

冷凍庫で見つかった。

 

そんなパンは

食べられるのでしょうか。

 

半年以上となると、

冷凍するときにパンを

きちんと密閉していたとしても、

パンを守り切れません。

 

それに、家庭用冷蔵庫なので、

パンを冷凍していた間に

温度が上がる機会があった

可能性もあります。

 

だから、食べる前には

パンの表面やにおいを確認しましょう。

 

カビが生えていたり、

手触りやにおいに違和感を感じたら

食べないことをおすすめします。

 

もし、問題がなければ、

おそらく食べても大丈夫でしょう。

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その6:パンを1年冷凍した場合

パンを半年冷凍したよりも

はるかに条件が悪くなります。

 

普通はパンを冷凍すれば、

食べられなくなることは

まずありません。

 

詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓

パンを冷凍すると腐ると腐らないどっち?カビが生えたりする?

 

しかし、

パンの冷凍期間が長くなると

業務用冷蔵庫ではないので、

トラブルが起きる可能性が高くなります。

 

だから、

パンを冷凍していたとしても

安心はできません。

 

おすすめは食べないこと。

 

でも、食べたいなら、

まずは、パンの表面やにおいなど

を確認しましょう。

 

そして、パンを解凍してから

食べるときも、

味を確認すること。

 

カビくさくないか、

酸っぱいような

パンらしくない味がしないかなど。

 

もし、少しでも問題があれば

食べないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

パンを冷凍したときの日持ち期間は?1ヶ月、2ヶ月、半年、1年は?

その7:まとめ

パンを冷凍したときに、

パンの日持ちする期間をご紹介しました。

 

冷凍したパンは、

風味や味が落ちたとしても

食べられななることは

めったにありません。

 

でも、せっかくのパンなら

美味しく食べたいですよね。

 

そうすると、冷凍する期間は、

2週間から1ヶ月ですね。

 

それを超えると

パン自体の味だけでなく、

パンの存在を忘れてしまいがち。

 

冷凍して半年過ぎた食パンを

食べたことがありますが、

食感がよくありませんでした。

 

おすすめの味とは

とてもいえませんね。

LINEで送る
Pocket