主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

レタスが茶色や黒くてぬるぬる!食べれるか丸ごとダメかの見分け方!

2019年04月14日 [ ぬるぬる レタス 茶色 ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

冷蔵庫の野菜室を開けてみると、

レタスの葉に茶色い部分があって、

それもぬるぬるしてる。

 

サラダを作ろうとして、

そんなレタスを見つけてしまうと

げんなりしてしまいます。

 

ときには、買ったばかりのレタスが、

レタスの葉を数枚むいたら、

内側の葉が茶色くなってぬるぬる

なんてことも。

 

そこで、茶色くなったレタスが

食べられるかどうかと

食べるときのコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

レタスが茶色になるのは腐っているから?

 

レタスといえば、

爽やかな黄緑色がきれいな

シャキッ、パリッとした葉が

重なって巻いた野菜。

 

そんなレタスが、

茶色というか黒っぽくなっていたら

すごく目立ちますよね。

 

それに、葉が茶色に変わった部分は

ヌルヌル、どろどろと

半分溶けた感じになっていることも。

 

これは食べれないかも。

 

とレタスの見た目から

思ってしまいますよね。

 

レタスが茶色や黒色っぽくて

ぬるぬるっとした感じのときは、

すでに腐っています。

 

しかし、色が茶色っぽいだけで

ぬるぬるとしたぬめりはない

という場合もよくあります。

 

この場合は、

まだ腐っていません。

 

腐ってはいませんが、

レタスの鮮度が落ちていて

腐る寸前という状態ですね。

 

実はレタスはデリケートな野菜。

 

野菜が腐るといえば、

買ってきたまま日が過ぎて

古くなって腐るというイメージ。

 

しかし、レタスは、

鮮度が落ちて古くなるだけでなく、

レタスの葉に傷がつくと

その傷口からすぐに傷み始めます。

 

また、レタスを育てている環境が

天候不順で高温で雨が多い場合や、

レタスを収穫後の保存状態が悪く、

湿気や高温にやられてしまった場合

もあります。

 

つまり、レタスは茶色や黒に変色して、

ぬるぬるっと溶けかかっていても、

その原因は買ってくる前にあるかも。

 

だから、買ってきたばかりのレタスに、

茶色でぬるぬるした部分があったら、

レタスを買ったスーパーやお店に

連絡すれば対応してくれます。

 

でも、レタスは、

買ってきてすぐに葉をすべてむいてしまう

ことはないですよね。

 

だから、レタスの内側にできた

茶色いぬるぬるを見つけたときには、

買ってくる前からあったかどうかは

分かりません。

 

それに、レタスのことで

買ったスーパーやお店に連絡して

対応するのも面倒ですよね。

 

そこで、レタスが茶色に変色して

ぬるぬるで溶けそうになっている場合、

うまく食べるコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

レタスが茶色や黒くてぬるぬる!食べれるか丸ごとダメかの見分け方!

レタスが茶色や黒くてぬるぬると溶けたような葉を処理して食べるコツ

 

レタスが濃い茶色や黒色の部分は、

他の部分と比べて

ぬるっとしている場合があります。

 

その場合は、まず、

茶色や黒色の部分がある葉全体を

むしり取ってから、

変色した部分を切り取ります。

 

少し大きめに切り取るのがポイント。

 

また、レタスに

1枚でも茶色や黒色の葉があれば、

そのレタスには

他にも同じような葉がある可能性が

あります。

 

そのため、

色が変色した葉だけではなく、

さらに2,3枚剥いてみます。

 

剥いた葉が変色や斑点など

問題がなければ、

残りのレタスは冷蔵庫に戻してOK。

 

ただし、

レタスに茶色や黒色の部分がある

というのは鮮度が落ちている可能性大。

 

レタスは、鮮度が落ちてしまうと、

サラダのように生で食べると、

苦みがあって美味しくありません。

 

冷蔵庫に戻したレタスは

できるだけ早く食べてしましょう。

 

では、茶色や黒色のぬめりがあった

レタスの葉はどうするか。

 

レタスは変色した部分を切り取っても

残りの部分は苦みがあって

サラダなど生で食べると

美味しくないことがよくあります。

 

だから、このレタスは生で食べずに、

オイスターソースで炒めたり、

スープの具にするのがおすすめ。

 

もし、レタスの葉に、

薄い茶色のぶつぶつのような斑点が

残っていたとしても、

目立たないので気になりません。

 

レタスといえば、

生のままサラダにして食べる

というイメージがあります。

 

でも、レタスは

炒め物やチャーハンにしても

とっても美味しい。

 

だから、レタスが

茶色や黒く変色していた場合は、

ぬるぬるっとした部分や

溶けかかった部分を取り除いたら、

残りの部分は加熱して食べて大丈夫。

 

レタスが丸ごと食べれない

というわけではないので

安心してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

レタスが茶色や黒くてぬるぬる!食べれるか丸ごとダメかの見分け方!

まとめ

 

レタスの葉が茶色や黒に変色して

ぬるぬるの部分あったとき、

食べて大丈夫かについてご紹介しました。

 

もちろん、食べて大丈夫。

 

変色してぬるぬるっとした部分を

大きめに切り取ったら、

残りのレタスの葉は食べて大丈夫。

 

レタスはデリケートな野菜なので、

ちょっと油断すると

すぐ葉が黒くなってしまいます。

 

だから、レタスはそういう野菜だ

と思っておけばいいですね。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA