主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

グラタン皿に焦げ付く頑固な汚れの落とし方!驚くほど簡単に激落ち

2017年09月25日 [ グラタン皿 焦げ 落とし方 ]
LINEで送る
Pocket

クリーミーなホワイトソースに、

香ばしくとろりと溶けたチーズ 。

 

大人気の洋食のオーブン料理といえば、

 

グラタン。

 

出来立てが美味しいグラタンは、

家で作ることができるように、

グラタンの素もあります。

 

もちろん、コツをつかめば

手作りすることもできますね。

 

そんなグラタンを

家で作ったときに困ること。

 

それは・・・

 

グラタン皿の焦げ付き。

料理の腕の良し悪しではなく、

グラタン皿は簡単に焦げます。

 

チーズが焦げ付きやすいし、

グラタンを少し焼きすぎると、

グラタン皿の底も焦げてしまいます。

 

だから、グラタン好きにとっては、

グラタン皿焦げ付きを取る方法は

必須のもの。

 

そんなグラタン皿の焦げ付きを

簡単に取る方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

焦げ付きを落とす超簡単で手軽な方法

グラタン皿の焦げ付きを、

一番簡単で手軽に落とす方法。

 

それは・・・

 

金たわしを使うこと

 

この金たわしは、ステンレス製で

くるくるとらせん状のものを

毛糸玉のように巻いたもの。

 

そして、何と言っても

 

錆びない!

 

ちなみに、

細い鉄がくしゃくしゃして

錆びやすい方ではありません。

 

私は、食器や鍋、フライパンを洗うときに、

金たわしを使っています。

 

金たわしは洗うものに傷がつくからと

敬遠する人もいます。

 

しかし、金たわしを使うときに

力加減を変えることで

傷つきにくくすることは可能。

 

そして、

グラタン皿にも金たわしを使います。

 

まずは、風呂より

ちょっと熱めのお湯を用意します。

 

そのお湯の中に手を入れるので

やけどしないように。

 

面倒なら、給湯器を使って

蛇口から出るお湯を使ってもOK。

 

そのお湯をグラタン皿一杯に

注ぎ込みます。

 

そのまま5分ほど置いたら、

金たわしで焦げをこすり取ります。

 

驚くほどポロリと取れるはず。

 

もし、お湯を用意するのが面倒なら、

グラタン皿を水に一晩浸けてから、

金たわしで焦げをこすることを

試してもいいかもしれません。

 

グラタン皿に焦げ付く頑固な汚れの落とし方!驚くほど簡単に激落ち

グラタン皿の焦げ付きを気合いを入れて落とす

お湯だけで取れなかった

焦げ付きを取るのに使うもの。

 

それは・・・

 

重曹(じゅうそう)。

 

いまや掃除には欠かせない重曹ですが、

グラタン皿の焦げ付きにも効果あり!

 

まずは、

風呂よりちょっと熱めのお湯を用意。

給湯器の蛇口からでるお湯でもOK.

 

グラタン皿に重曹を入れます。

その量は・・・

 

100mlにつき大さじ1の重曹。

 

えー!わざわざ測るの!?

 

と私なら思いますので、

目分量で大丈夫。

 

重曹は多くいれても

効果は変わらないのです。

 

指定した量が

重曹が効果的に使える量の上限

というだけ。

 

そして、重曹をいれたグラタン皿に、

用意したお湯を入れます。

 

そのまま30分ほど置くと、

お湯の温度は常温に戻っているはず。

 

あとは、金たわしで

焦げ付きをこすります。

 

これでも焦げ付きが落ちない。

そんな場合は最後の手段を

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

グラタン皿に焦げ付く頑固な汚れの落とし方!驚くほど簡単に激落ち

グラタン皿の焦げ付きを落とす最終手段

グラタン皿についた

ガンコな焦げ付きを落とす最終手段。

 

それは・・・

 

重曹+お湯+お酢

 

重曹にお湯を加えると

効果がパワーアップするのです。

 

すでに紹介した重曹を使う方法は、

手軽にできることがポイントなので、

お湯の温度が控えめでした。

 

このお湯の温度を上げます。

 

まずは、グラタン皿がすっぽり入る

大きな鍋を用意します。

 

その鍋の中にグラタン皿を置き、

グラタン皿が沈む量の水を入れます。

 

そして、重曹を入れます

 

重曹の量は、

水1Lにつき、90gの重曹。

 

重曹の量はざっくりで構いません。

 

さらに、お酢を入れます。

お酢の量は、

水1Lにつき大さじ1のお酢。

 

お酢の量は控えめにしています。

 

これでも

グラタン皿の焦げ付きが落ちない場合は

お酢の量を増やしてみましょう。

 

この段階で、鍋には、

グラタン皿、重曹、お酢、お水

が入っているはず。

 

では、鍋を火にかけます。

 

沸騰したら弱火で5分。

 

火を消したら、

そのまま放置します。

 

お湯が冷めて常温に戻ったら、

グラタン皿を取りだして、

金たわしでこすります。

 

使い捨て手袋があれば、

鍋の中でグラタン皿を

金たわしでこするもの効果あり。

 

スポンサーリンク

 

グラタン皿に焦げ付く頑固な汚れの落とし方!驚くほど簡単に激落ち

まとめ

グラタン皿の焦げ付き汚れを

落とす方法を紹介しました。

 

使うものはこの3つ。

・お湯

・重曹

・お酢

 

これらを使うことで、

焦げ付きをふやかして

浮き上がらせます。

 

あとは、金たわしで軽くこするだけ。

 

グラタン皿は焦げ付きやすいもの。

汚れを落とすのが億劫になると、

グラタンを作るのも嫌になります。

 

グラタン皿の焦げ付きで困っているなら、

ご紹介した方法を試してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA