主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

餃子の皮と春巻きの皮の違いは大きさと形だけじゃない?その答えは?

2019年04月28日
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

皮で具を包む中華料理といえば

餃子と春巻きですよね。

 

餃子は、豚肉をベースとしたタネを

餃子の皮で包んで焼くと、

 

皮はパリッとして

中身の肉汁がしたたり落ちるのが

最高に美味しいですよね!

 

一方、春巻きは、

春雨と炒めた肉や野菜の具や

チーズや大葉など

火を通さないで食べられる具を

包んで揚げる料理。

 

パリッとした皮と

具によっていろんな味を楽しめる

アレンジ自在の料理。

 

そんな、

餃子の皮と春巻きの皮ですが、

びっくり仰天の違いがあったのです。

 

これを知らないと、

皮を代用したときに大変なことに。

 

そこで、餃子の皮と

春巻きの皮の違いについて

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

餃子の皮の作り方

 

餃子の皮は手作りしている人は

多くはないのではないでしょうか。

 

うちでは、1回に100個作るので

餃子の皮も手作りすると

心が折れそうなので

市販の餃子の皮を使っています。

 

でも、餃子の皮って、

コツをつかめば手作りもできます。

 

基本的な作り方の流れは、

まず、ボールに

小麦粉に塩と熱湯を入れてなじませます。

 

それを捏ねて寝かした後、

餃子の皮1枚に必要な生地を切り取って、

丸く広げると完成。

 

餃子の皮を手作りすると

すごくもっちりした皮が作れて、

肉汁があふれ出る餃子が作れるので

時間があればおすすめです。

 

では、もう一つの

春巻きの皮の作り方を

ざっくりおさらいします。

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いは大きさと形だけじゃない?その答えは?

餃子の皮の作り方を踏まえた春巻きの皮の作り方

 

餃子の皮と春巻きの皮は

大きさや形だけではなく、

根本的に違うものなのです。

 

春巻きの皮に近いもの

といえば、

餃子の皮ではなく

クレープの皮だったのです。

 

春巻きの皮の基本的な作り方を

ざっくりお伝えすると。

 

まず、小麦粉と水、

少量のごま油を混ぜて、

生地を作ります。

 

この生地をフライパンで

薄く焼けば出来上がり。

 

餃子の皮と春巻きの皮は

作り方を知れば

違いが一目瞭然ですよね。

 

スポンサーリンク

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いは大きさと形だけじゃない?その答えは?

餃子の皮と春巻きの皮の違い

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いは、

餃子の皮は生で、

春巻きの皮は焼いたもの。

 

つまり、春巻きの皮は

そのままでも食べれるのです。

 

では、この2つの違いが

どこに表れてくるかというと、

具の肉汁や水分に耐えれる範囲。

 

餃子は、

具に生の豚ひき肉を使い、

焼くときには水で蒸し焼きにします。

 

だから、餃子の皮は、

水分や肉汁に強くないと

破れてしまうのです。

 

餃子の皮にとっても、

肉汁や蒸気によって、

もっちりとなりながらも、

仕上げに焼くことでバリっと感もアップ。

 

というように、

餃子の皮と餃子の具は

相性が抜群なのです。

 

一方、春巻きの皮は、

あっさりクレープの皮。

 

だから、水分には弱いので、

具材は水分が出にくいものを

選ぶ必要があります。

 

そして、春巻きの皮は、

揚げるとパリパリした食感なので

具材のしっとり感と

すごく合うのです。

 

さすが歴史ある料理。

 

餃子も春巻きも考え抜かれた料理

なのですね。

 

では、餃子の皮と春巻きの皮

代用しても大丈夫なのでしょうか。

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いは大きさと形だけじゃない?その答えは?

餃子の皮と春巻きの皮はそれぞれ代用できる?

 

餃子を作ろうとしたら

餃子の皮がなくて春巻きの皮がある

という場合や、

 

春巻きを作ろうとしたら

春巻きの皮がなくて餃子の皮がある

という場合もあります。

 

では、餃子の皮と春巻きの皮

それぞれ代用できるのでしょうか。

 

まずは、餃子の皮を春巻きの皮で

代用してみます。

 

餃子の具は、

生の豚ひき肉がベースなので、

肉汁が出てきます。

 

また、餃子の具材に火を通すのに

水を加えて蒸し焼きにしますよね。

 

つまり、餃子の皮の代わりにするには、

水分に強いものである必要があります。

 

しかし、春巻きの皮は

水分には強くありません。

 

だから、餃子の皮は春巻きの皮では

代用することはできません。

 

ただし、餃子の具をチーズなど

水分が出ないものを包むなら、

春巻きの皮でも大丈夫です。

 

次は、春巻きの皮を餃子の皮で

代用してみます。

 

春巻きの具材は、

水分が出ないものなので、

餃子の皮で包むことができます。

 

その餃子の皮を揚げてみると、

生地が厚めなので、

餃子の皮がバリバリと

固めに仕上がります。

 

春巻きの薄い皮の

パリパリした食感は期待できません。

 

だから、春巻きの皮を餃子の皮で

代用はできるけれど、

皮の食感はだいぶ違うことになります。

 

ここまでをまとめると、

餃子の皮を春巻きの皮で代用は

できません。

 

しかし、

春巻きの皮を餃子の皮でなら、

食感と大きさにこだわらなければ

できます。

 

スポンサーリンク

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いは大きさと形だけじゃない?その答えは?

まとめ

 

餃子の皮と春巻きの皮の違いを

ご紹介しました。

 

餃子の皮と春巻きの皮は、

思った以上に違うので

びっくりしたかもしれません。

 

私の知ったときは、

びっくりしました。

 

でも、何よりびっくりしたのは、

春巻きの皮が簡単に作れること。

 

春巻きの皮って

スーパーなどの店で購入すると

割高な感じがする値段なのです。

 

でも、手作りは無理だろうと

勝手に思い込んでいました。

 

しかし、クレープの生地を焼くのと

似ているなら

自宅でも作れそうですよね。

 

餃子の皮と春巻きの皮、

それぞれ代用するときは

具の選び方に気をつけましょう。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA