主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

2017年08月30日 [ ウィンナー フライパン ]
LINEで送る
Pocket

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

 

おかずに、おやつに、おつまみに

大活躍で誰もが好きなものといえば

 

ウインナー。

 

お弁当にも重宝するウィンナーは、

作る機会が多い食材のひとつ。

 

そんなウインナーですが、

知っているようで知らないことが。

 

それは・・・

 

油をひくか油をひかないか。

 

あるウィンナーのパッケージには、

「油をひかずに炒めて下さい」

と書いてあります。

 

一方、私が最近お気に入りの

ウィンナーには

「油をひいて炒めると

 皮がはじける場合があります」

と書いてあります。

 

また、テフロン加工のフライパンは

油をひかないけど、

鉄のフライパンは引いた方がいい

という話もあります。

 

結局、

 

油ひく油ひかない

どっちなの!?

 

調理に技がいらないはずなのに、

悩みの答えがでない。

 

そんな悩みに答えて、

ウィンナーをフライパンで焼く場合に

油をひくかひかないかを

決めるポイントを紹介します。

 

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

その1:ウィンナーをフライパンで焼くとき油は必須?

 

ウィンナーを温めるのに、

手っ取り早くてよく使われる方法は、

 

フライパンで焼く方法

 

フライパンには、

テフロン加工のフライパンや、

鉄のフライパンなど

いろんなフライパンがあります。

 

ウィンナーは、

フライパンで焼くとき

油は必須ではありません。

 

なぜなら、ウィンナーの材料は、

主に豚肉です。

商品によっては鶏肉が使われている

場合もあります。

 

豚肉は脂分が多めの肉で、

ウィンナーのこってりした旨みは、

この豚肉の味でもあります。

 

つまり、ウィンナー自体に

脂分が多少なりとも含まれています。

 

だから、ウィンナーとしては、

フライパンで焼くときに

油は必要ありません。

 

ただし、

脂分が極端に少ないウィンナーは、

油をひいた方がよいものもあります。

 

つまり、

油をひくかひかないかは、

各自の好みで決めていいのです。

 

そこで気になるのが、

フライパンに焦げ付かないかと

ウィンナー自体の美味しさ

の2点です。

 

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

その2:フライパンに焦げ付く?

 

フライパンを使って料理をする時、

一番気になるのは、

 

フライパンに焦げ付くかどうか

 

フライパンに焦げ付いてしまうと、

ウィンナーの美味しさも半減するし、

フライパンを洗うのか

恐ろしく大変で億劫になります。

 

だからこそ、フライパンは

焦げ付かしたくありませんね。

 

ウィンナーをフライパンで焼く場合。

 

まず、テフロン加工のフライパンは、

油なしでウィンナーを焼いても

焦げ付きません。

 

鉄のフライパンは、

フライパン自体に油が馴染んでいるなら

油なしでも焦げ付きません。

 

そもそも、

ウィンナー自体に脂分があります。

 

焦げ付きやすいフライパンでも、

極弱火でじっくり焼くと、

ウィンナーから脂が染み出すので

焦げ付きにくい。

 

ただし、

焦げやすいフライパンなのに、

ウィンナーを強火で焼くと

脂が染み出す前に焦げ付くので

注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

その3:油ひくひかないのどちらが美味しい?

ウインナーをフライパンで焼くとき、

油は必須ではなく、

フライパンにも焦げ付きにくい。

 

となると、

油をひくかひかないかは、

各自の好みで決めるもの。

 

せっかくウィンナーを焼くので、

美味しい方がいいに決まっています。

 

ウィンナーの美味しさは、

お肉を包む皮にあります。

 

ウィンナーを焼くことで、

あふれ出る肉汁がこぼれないように

皮がぎゅっと包み込む。

 

こうしてできたウィンナーは、

文句なく美味しい。

 

美味しさの重要ポイントである皮は、

フライパンに油をひいて焼くと、

ほんの少しの油断で、

皮がはじけてしまいます。

 

そうすると、

中の肉汁が流れ出し、

ウィンナーの美味しさが半減。

 

しかし、油をひいて焼くと

皮のパリッと感が増し、

私は大好きです。

 

皮がはじけないように、

超弱火の火加減で

じっくりと注意深く時間をかけて

焼くことができるなら、

油をひいて焼くのがおすすめ。

 

一方、皮のパリッと感に

重きを置かない場合や、

あまり時間をかけたくないときは、

油をひかずに焼くのがおすすめ。

 

どちらが良いかは、

好みの方を選びましょう。

 

なお、あらかじめウィンナーを

ボイルして温めておき、

仕上げにフライパンで焼くなら、

すぐに焼き上げることができます。

 

ウィンナーをフライパンで焼くとき油ひく油ひかないどっち?答え○○

その4:まとめ

ウィンナーをフライパンで焼くときに、

油をひくかひかないかの答え。

 

それは・・・

 

基本的には油はひかなくて大丈夫。

 

しかし、ウィンナーの皮に

パリッと感を出したいときは、

油をひくのをおすすめします。

 

ただし、油をひくと、

ウィンナーの皮がはじけてしまうので、

極弱火で油断せずに

焼く必要があります。

 

ちなみに、私の好みは、

油をひいて焼くこと。

 

ウィンナーのパリッと感は

私には欠かせません。

 

子供たちも油をひいて焼くのですが、

しょっちゅう

皮をはじけさせています。

 

それでも美味しいよと

喜んで食べていますよ。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket