主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

2017年09月15日 [ ゼラチン 両方 寒天 ]
LINEで送る
Pocket

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

 

オレンジなどきれいな色で

ぷるんと美味しいゼリーは、

見た目と食感で

幸せ気分にしてくれます。

 

そんなゼリーを固める材料は、

寒天とゼラチンがあります。

 

しかし、寒天とゼラチンでは、

食感がまるで違います。

 

寒天はスルッとした感じ。

 

ゼラチンはぷるんとして

口の中で溶ける感じ。

 

これまでは、どちらかというと、

寒天が、安値で健康にもよいと

注目されているので、

寒天でゼラチンの代用ができないかを

試行錯誤していました。

 

その結果は・・・

 

寒天はどこまでいっても寒天。

 

という結論で落ち着いていました。

 

興味があればこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓

ゼリーは寒天とゼラチンの両方で作れるのか?気になる違いとレシピ

 

ところが、誰が考えたのか、

 

『寒天とゼラチンの両方を混ぜて作れば

 いいとこ取りできる!』

 

という衝撃の話を耳にしました。

 

マジですか・・・。

私には思いもよらなかった。

 

寒天とゼラチンを混ぜて、

いいとこ取りしたゼリーができるのかを

実際に試したのでご紹介します。

 

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

その1:寒天とゼラチンのどこを取るの?

 

 

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り。

 

とはいっても、

まずは、どこを取りたいのかを

決める必要があります。

 

私が目指すとこ。

それは・・・

 

ゼラチン作ったゼリーは、

ぷるんとして、口当たりはまったり、

そして、すっと溶けていく感じ。

 

食感はここを狙います。

 

そして、寒天を使うことで、

食物繊維などの健康にいい成分を

ゼリーにして美味しく食べること。

 

また、寒天は

大量買いで安値で手に入るので

節約になります。

 

ついでに、ゼラチンで作ったゼリーが

溶けやすい気温でも

溶けにくくできれば嬉しいかも。

 

こんなところですね。

 

つまり、

ゼラチンのゼリーに似てるけど

寒天も入っていて健康にいいゼリーが

いいとこ取りとして作りたい。

 

では、実際に作ってみましょう。

 

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

その2:寒天とゼラチンの両方を混ぜたゼリーの作り方

 

 

寒天とゼラチンの両方を混ぜて

ゼリーを作ります。

 

作ってみたのはコーヒーゼリー。

 

分量のコーヒーを

100%ジュースなどに変えることで、

いろんなゼリーを作ることができますよ。

 

ただし、100%オレンジジュースなど

柑橘類は固まりにくいので

工夫が必要になります。

<材料>

ゼリー液:500cc(今回はコーヒー)

砂糖  :20g(好みで加減します)

粉寒天 :小さじ1(2g)

ゼラチン:5g(小袋1つ)

 

<作り方>

1)コーヒー液を鍋に入れて、

粉寒天を入れて溶かす。

 

2)1)を火にかけて2分間沸騰させる。

その間は混ぜ続けること。

 

3)2)を火から下ろして少し冷ます。

 

今回使ったクックゼラチンは、

80℃以上で溶かすものなので、

少し冷ましてから、

ゼラチンの粉を鍋に直接入れて、

混ぜて溶かしました。

 

ゼラチンは、商品によっては

60℃くらいで溶かす場合も。

あらかじめ、パッケージの使い方を

確認しておくこと。

 

4)3)にゼラチンを入れます。

ゼラチンが溶けたら、

  器に流し込んで粗熱をとり、

  冷蔵庫で冷やします。

 

作り方のポイントは、

寒天とゼラチンの溶かし方。

 

寒天は沸騰させる必要がありますが、

ゼラチンは違います。

 

ゼラチンのタンパク質は熱に弱い。

沸騰させると、

ゼラチンの効果がなくなります。

 

手間だと感じるかもしれませんが、

寒天とゼラチンの粉を混ぜて、

ゼリー液に溶かさないようにしましょう。

 

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

その3:寒天とゼラチンのいいとこ取りゼリーの出来は?

寒天とゼラチンのいいとこ取りした

ゼリーを作ってみました。

 

その感想は・・・

 

寒天だけよりも

かなりゼラチンゼリーに近づいた!

 

ぷるんと感も口どけ感も

なかなかいい感じです。

 

物足りないのは、

ゼラチンゼリーを口に入れたときの

まったり感でしょうか。

 

この辺りは

寒天とゼラチンの比を変えることで、

ゼリーの感じも変わります。

 

寒天とゼラチンの両方のいいとこ取り!混ぜてぷるぷるゼリーを作る!

その4:まとめ

寒天とゼラチンの両方の

いいとこ取りを狙ったゼリーを

作ってみました。

 

今回は頑張って写真も撮りました。

いつもは面倒なので、ついつい

買った写真を使っています。

 

それほど、

寒天とゼラチンを混ぜるというのは、

私にとっては衝撃だったのです。

 

作って食べてみた結果、

寒天が入っているのに

だいぶゼラチンゼリーに近い食感に

なりましたね。

 

寒天を食べたいけど、

寒天のゼリーはいまいち。

 

そんな人には、

寒天とゼリーの両方を混ぜたゼリーが

おすすめです。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket