主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

スーパーのカワハギの肝はお刺身なら肝醤油や生でも大丈夫?

2019年11月03日 [ カワハギ スーパー ]
スーパーのカワハギの肝はお刺身なら肝醤油や生でも大丈夫?
LINEで送る
Pocket

カワハギを冬の旬に

店先で見かけたら、

カワハギ肝を食べたくなります。

 

カワハギの肝は、

肝が美味しいことで知られる

アンコウの肝のあん肝よりも美味しい

と言われるほどのシロモノ。

 

そして、美味しいカワハギの肝は

何といっても鮮度が命。

 

しかし、カワハギ釣りをしないなら、

スーパーや魚屋さんで

買うしかないですよね。

 

そこで、カワハギの肝は、

スーパーで買ったものでも

生で食べても大丈夫なのか

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スーパーのカワハギの肝は生で大丈夫?

スーパーのカワハギの肝は生で大丈夫?

スーパーの魚コーナーで

カワハギを見かける時は

だいたいこんな感じで

販売られています。

 

カワハギそのままや、

カワハギの皮が剥かれたもの、

カワハギの刺身盛り、

鍋用にカワハギが捌かれたものなど。

 

カワハギの肝はと言うと、

刺身や鍋魚のカワハギで

身とは別で添えているものや、

肝は取り出してカワハギに添えて

あるものもあります。

 

つまり、スーパー側としては、

カワハギの肝も食べていいよ

といっているようなもの。

 

スーパーで販売されている魚は

鮮度がいまいち

というイメージがあります。

 

しかし、最近では、

魚売り場にすごく力を入れた

スーパーもあるので、

一概に鮮度がいまいちとは

いえません。

 

また、スーパーは、

販売した魚で食中毒など

トラブルを起こしてしまうと、

スーパー全体の評判が悪くなります。

 

つまり、スーパーの魚は、

鮮度抜群とは言い切れませんが、

体に悪影響を及ぼす魚は

良心的なら販売しないはず。

 

だから、スーパーでは、

消費期限ぎりぎりの魚は

見切り品やおつとめ品として

半額近い割引をして

売り切っていますよね。

 

だから、信頼できる

中規模や大規模スーパーなら、

カワハギの肝も安心して

食べて大丈夫なはず。

 

ただし、

カワハギの肝を生でとなると

行きつけの信頼できるスーパー

というだけでなく、

食べ方の確認が必要です。

 

カワハギを一匹まるごとで

販売している場合は、

刺身にできるかと、

肝を生で食べられるかを

必ず確認しましょう。

 

私は市場のプロ向けの小売りで

魚を買っていますが、

そこの魚でもすべてが

刺身にできるわけではありません。

 

例えば、市場に並ぶ鯛でも、

刺身用の鯛と

刺身ではなく加熱用の鯛があります。

 

だから、スーパーでも、

カワハギの身と肝が生でOKか

確認するのは普通のことです。

 

では、カワハギの刺身盛りとして

肝も一緒に販売されている場合は?

 

スポンサーリンク

 

スーパーのカワハギの肝はお刺身なら肝醤油や生でも大丈夫?

スーパーのカワハギのお刺身に添えた肝は生OK?

スーパーでカワハギのお刺身に添えた肝は生OK?

スーパーでは、

カワハギ1匹丸ごとではなく、

捌いて刺身の盛り合わせで

販売されているものがあります。

 

ふぐ刺しのように

きれいな菊型に並べられたのが

多いですね。

 

そんなカワハギの刺身には

肝が真ん中あたりか端に

カップに入って添えられています。

 

この場合の肝は、

カワハギの刺身に添えられているので

生で食べれる可能性大。

 

私ならこの肝は生で食べます。

 

もちろん、スーパーなので

鮮度が気になる場合は、

生ではなく加熱して食べた方が

安心できますね。

 

カワハギの肝を中まで

きちんと火を通せば、

寄生虫などの心配もなくなるので。

 

もし、自分で確認するなら、

カワハギの肝の見ためがきれいで、

臭いも特に気にならず、

肝がぷりぷりしているかを

チェックしましょう。

 

でも、確実なのは、

お店の人に確認することですね。

 

カワハギの肝といえば、

肝だけを食べるのもありですが、

やっぱり肝醤油が人気ですね。

 

スーパーのカワハギの肝はお刺身なら肝醤油や生でも大丈夫?

カワハギの肝醤油はスーパーの肝でも大丈夫?

カワハギの肝醤油はスーパーの肝でも大丈夫?

カワハギの肝醤油は、

カワハギの肝を醤油に溶かす

というシンプルなもの。

 

されど、この肝醤油で

カワハギの刺身を食べると

言葉にできないほど

美味しいのです。

 

まさに幸せの境地!

 

日本酒にも合うので、

ぜひ、お気に入りの日本酒で

つまみにして

食べてみてくださいね。

 

でも、このカワハギの肝醤油。

 

カワハギの肝が生臭いと、

その臭みが気になってしまい、

おいしさ激減なのです。

 

私も実際に

スーパーで買ったカワハギの肝を

肝醤油にしたとき、

生臭さが気になって

結局食べれなかったことがあります。

 

だから、スーパーで買った

カワハギの肝のなかでも、

刺身に添えられたものや、

生で食べられると

太鼓判が押されたものだけ、

生で肝醤油にしてください。

 

鮮度が落ちていたり、

ぷりぷり感が微妙な肝は、

加熱してから、

醤油と混ぜるでもOK.

 

カワハギの肝を肝醤油にするときは、

鮮度の具合によって、

湯通しor茹でるを決めます。

 

鮮度抜群の場合は生のままでOK。

↓ ↓ ↓ ↓

カワハギの肝は生と湯通しどっち?アニサキスと時間が決め手

 

その肝は、

裏ごしして血管などを取り除くと

生臭い感じがぐっと減りますよ。

 

スポンサーリンク

 

スーパーのカワハギの肝はお刺身なら肝醤油や生でも大丈夫?

まとめ

 

カワハギとその肝を

スーパーで購入した場合に、

食べ方や調理法を選ぶポイントを

ご紹介しました。

 

カワハギは鮮度が重要。

 

美味しいカワハギの肝を

食べるなら、

スーパーを含めた魚屋さんを

選んでおくと楽ちんですよ。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA