主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

2017年06月07日 [ ドロドロ 牛乳 飲める ]
LINEで送る
Pocket

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

 

牛乳飲もうとして、

パックの口を開けて

牛乳をコップに入れようとしたら、

 

うわぁ・・・

 

ドロドロしてる

 

思わず引いてしまういやな感じです。

 

とはいえ、

見た目はヨーグルトにそっくり。

 

ドロドロした牛乳は

飲めるかどうか気になるところ。

 

そんなドロドロ牛乳の正体と

その牛乳が飲めるかどうかをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

その1:ドロドロ牛乳の正体

 

ドロドロになった牛乳は、

見た目はヨーグルトにそっくり。

 

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を入れて

発酵させても作れるし・・・

 

もしかして、飲めるんじゃない!?

 

そう思うかもしれません。

私もそう考えたことがあります。

 

しかし、ドロドロ牛乳の正体は、

ヨーグルトではありません。

 

ヨーグルトに使われる乳酸菌は、

各社が研究を重ねて選び抜かれたもの。

 

買った牛乳に、

そんなすごい乳酸菌が入ってるわけが

ないのです。

 

さらに、牛乳は殺菌したものが

販売されています。

 

もし、有用な乳酸菌が残っているなら、

他の良くない菌も残っている可能性が

高くなります。

 

ヨーグルトを手作りしたことがあるなら

分かると思いますが、

 

手作りヨーグルトの成否を分けるのは、

 

殺菌です。

 

殺菌に失敗すると、

腐ったヨーグルトもどきができてしまうのです。

 

これが、ドロドロ牛乳の正体です。

 

牛乳パックの口を一度でも開けると、

空気中や手、コップなどに付着している

雑菌が混入する可能性が高くなります。

 

これらの雑菌が牛乳の中で繁殖して

ドロドロの牛乳ができるのです。

 

つまり、ドロドロの牛乳は、

 

腐っている

といえます。

 

しかし、未開封の牛乳でも

ドロドロな牛乳になってしまうことも。

 

乳酸菌を含む菌は、

元気に活動する温度が決まっています。

 

冷蔵庫のような冷たい場所では、

菌は元気ではありません。

 

一方、真夏日といった暑い日だと、

菌の活動は活発になります。

 

もし、未開封の牛乳だったとしたら、

暑い場所に数日以上おいていた可能性が

あります。

 

冷蔵庫に入れていたし

温度管理の完璧だったとしたら、

その牛乳の製造販売している会社に

連絡した方がいいですね。

 

スポンサーリンク

 

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

その2:飲めるのか?飲めないのかどっち

 

牛乳がドロドロになる原因は、

乳酸菌を含む

いろんな雑菌のうちの何かが

増殖した可能性が高いです。

 

そんな雑菌には、

人間の体に悪影響を及ぼすものが

あります。

 

牛乳に繁殖した雑菌の正体が分からない以上、

ドロドロの牛乳を飲むのは、

飲まないことをおすすめします。

 

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

その2:雑菌が繁殖したなら殺菌したら飲める?

 

牛乳は高温で殺菌したものが

販売されています。

 

もし、牛乳がドロドロになった原因が、

雑菌が繁殖したことだったら、

 

高温で加熱して殺菌したら

飲めるんじゃない?

 

ふとそんな疑問がかすめました。

 

しかし・・・

 

やはり無理ですね

 

ヨーグルトを例にすると、

牛乳にヨーグルトの乳酸菌を入れて

発酵させると、ヨーグルトになります。

 

そのヨーグルトを加熱して殺菌すると、

ヨーグルトにする前の牛乳には、

戻りません。

 

雑菌は、牛乳を使って、

牛乳ではない何かを生み出すのです。

 

つまり、雑菌が繁殖して

ドロドロになった牛乳は、

もはや私たちの思う牛乳ではない可能性が高い。

 

ならば、それを加熱して殺菌したところで、

元の牛乳には戻りません。

 

やはり、ドロドロの牛乳を加熱しても

飲まない方がよいです。

 

牛乳がドロドロの正体とは?いったい飲めるか飲めないのどっち

その3:まとめ

 

ドロドロの牛乳は、

体に有用でない雑菌が繁殖した

可能性が高いので、

腐っているといえます。

 

雑菌の正体が分からないので

飲まない方がいいですね。

 

また、ドロドロの牛乳を

加熱しても元の牛乳には、

戻りません。

 

やはり飲まない方がいいですね。

 

ということから、

ドロドロになってしまった牛乳は、

もったいないですが、

思い切って処分しましょう。

 

病院に行くことになってしまったり、

薬を飲むことになれば、

こちらの方が高くつきますから。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA