主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

2017年07月11日 [ めばちこ ストレス 原因 疲れ ]
LINEで送る
Pocket

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

 

めばちこ(ものもらい)は、

手で目をこすったりしたことで、

ばい菌が入ってできる。

 

そう思っていました。

 

ところが、子供が一時期、

ちょくちょくめばちこができたのです。

 

しかし、

目をこすったわけでも、

目にばい菌が入るようなことも、

していないのになぜ・・・。

 

気になって調べてみたら、

疲れやストレスでも、

めばちこになることが分かりました。

 

これには本当にびっくり

 

思い込みというのは、

恐ろしいものだと痛感しました。

 

そんな、めばちこの原因と対策を

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その1:めばちこ(ものもらい)とは

 

めばちこは、目の周りが、

腫れたり、できものができたときの

呼び名です。

 

めばちこは病名ではなかった!

 

めばちこの病名は、

「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」か

「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」のどちらか。

 

この2つのうち、発症が多い病名は、

「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」。

 

まぶたに細菌が感染して発症する病気です。

 

だから、めばちこ(ものもらい)は、

まぶたにできるのですね。

 

そして、原因となる細菌は、

人間の皮膚や粘膜などの常在する

黄色ブドウ球菌であることがほとんど。

 

原因の細菌が

どこからかやってくるわけでは

なかったのです。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その2:めばちこ(ものもらい)の原因

 

めばちこの原因となる細菌が、

人間に常在する細菌ということは、

 

めばちこができるまぶたに、

手や汗やメイク、髪などを

触れさせなければいいのです。

 

しかし、重要なポイントは、

 

細菌が感染して発症すること

 

人間の免疫システムは、

驚くほど素晴らしくできています。

 

だからこそ、

人間に常在する菌ごときが

病気を発症させることはありません。

 

なのに、めばちこになる

ということは・・・

 

体の免疫力が落ちている

 

のです。

 

私の子供が、とくに覚えがないのに、

めばちこが何度もできたのは、

これが原因だったのです。

 

だとすると、

めばちこは体が疲れているサイン。

 

ただ目薬をすればいいだけ。

と捉えるべき病気ではないのです。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その3:めばちこの症状の対策

 

めばちこは、14日くらいで

自然治癒すると言われています。

 

めばちこを放置すると、

だんだん大きくなり・・・

ついに敗れて膿がでて小さくなります。

 

この症状は一例ですが、

確かに、14日もかからずに治りました。

 

しかし、めばちこはまぶたにできるので、

まぶたが腫れて見えにくくなったり、

見た目も気になります。

 

つい気になって、

手で周辺を触ってしまうことも。

 

なので、自然治癒よりも、

薬の治療をおすすめします。

 

眼科で処方されて効果があった目薬は、

 

ガチフロ点眼液0.3%。

 

私は、めばちこができたと思ったら、

すぐにこれを使って様子を見ます。

 

この薬が欲しいがために、

眼科に行っていました。

 

ところが、なんと、

めばちこ用の目薬が、

市販されているのを発見。

 

知らなかったのは私だけ!?

 

それなら、なおさら、

自然治癒ではなく、

目薬を使って様子を見ること

おすすめします。

 

ただし、目薬を使う場合は、

目薬を使って数日様子を見て、

効果がなかったり、ひどくなるときは、

すぐに病院に行くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その3:めばちこの原因への対策

 

めばちこができるのは、

体の免疫力が落ちているサインとも

取れることを紹介しました。

 

だとすると、

目薬で症状に対処するだけでなく、

体の免疫力を元に戻す対策を

とる必要があります。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その4:体調を崩しやすい時期

 

体調を崩すきっかけは、

風邪などの病気だけでなく、

 

季節の変わり目や、

夏や冬の過ごしにくい気候もあります。

 

だからこそ、

体調を崩しやすい時期がきたら、

意識して休息を心がけましょう。

 

眠ってもよし、

のんびりできる時間を作って、

過ごすのもいいですね。

 

体と心を休められる休息を

取りましょう。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その4:食事のバランスに気を配る

 

食事は、免疫力に大きな影響を与えます。

 

摂取したもので体が維持されるのですから

当たり前のことですね。

 

アルコールや刺激物、

ジャンクフードなど、

 

体に良くないだろうな

 

と思われる食品は控えましょう。

 

いわゆる、

バランスのとれた食事がベストですが、

忙しい毎日ではそれも大変。

 

そんなときは、

サプリメントや栄養ドリンクの力を

借りましょう。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その5:ストレス

 

ストレスも

免疫力に大きな影響を与えます。

 

だからこそ、

 

ストレスは大病の元

と言われるのです。

 

ストレスを発散するのが大切ですが、

 

そんなの無理!

という人もいると思います。

 

ストレスって簡単に発散して

無くせるものでも

ないように思いますから。

 

そんな人は、

運動して体を疲れさせましょう。

 

一般的にストレスというと、

心が疲れている印象があります。

 

心が疲れていて、体が疲れていない。

 

このように、

心と体の状態がかい離するのは

良くありません。

 

だからこそ、体を疲れさせ、

心と体の疲れ度を近づけるのです。

 

そして、ぐっすり眠れば、

心の疲れも軽くなります。

 

めばちこの原因は疲れやストレスだった!体のサインを見逃さない対策

その6:まとめ

 

めばちこの原因が、

疲れやストレスにもあることと、

その対策方法を紹介しました。

 

めばちこかな

と思ったら、自然治癒を待つより、

目薬して様子を見るのが手軽です。

 

そして、大本の原因である、

疲れやストレスについては、

 

ゆっくりする時間を取るか、

体を疲弊させてぐっすり眠るのが

 

私がストレスや疲れの解消を

体感できた方法です。

 

ここで紹介した、

ストレスや疲れの解消は一例です。

 

自分ならでは方法があるなら、

それを実践しましょう。

 

免疫力の低下は、

大きな病気を引き起こすことがあります。

 

めばちこは、体のサインととらえ、

ストレスや疲れの対策もしておきましょう。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket