主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

2018年04月27日 [ 人参 保存 冷蔵庫 常温 ]
LINEで送る
Pocket

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

 

玉ねぎ、じゃがいもとくれば

 

人参 ですね。

 

なのに、人参だけは、

買いだめして置いていたら、

面倒なことになったりします。

 

例えば、買ってきたもの

ちょっと忘れていたら

冷蔵庫でぬるぬるになってたり。

 

こんな感じ。

↓ ↓ ↓ ↓

人参の表面の皮がぬるぬる!腐ってるから食べれない?食べる方法は?

 

でも、健康にもいいし、

1年リーズナブルだし、

嫌いでも食べると頑張る人もいるし、

 

美味しく人参を食べたいですね。

 

そこで、せっかくの人参を

美味しく長持ちさせるために、

どこで保存するのがベストなのか

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

その1:人参の貯蔵最適温度

人参の保存方法は、

いろいろな説があります。

 

しかし、そもそも、

人参の保存に最適な温度は

何度なのでしょうか。

 

実は・・・

 

0℃。

 

冬は常温保存というから、

人参は冷しすぎはダメ

と思っているかもしれませんが。

 

人参は、

低温に耐性があるので大丈夫。

 

ちなみに、

同じ根菜であるさつまいもは、

低温耐性がないので

冷蔵庫は使えません。

 

0℃は家庭向けには

言い過ぎかもしれませんが、

少なくとも5℃以下でOK。

 

だから、人参は、

1年中冷蔵庫で保存してOK。

 

夏は冷蔵庫、冬は常温で

なんて季節によって

保存場所を必要はありません。

 

これはラッキー。

 

保存場所を変えるというのは

意外と面倒なんですよね。

 

では、人参の保存温度が低いか

というと理由があります。

 

それは、

 

人参が生きている

 

ということ。

 

人参は買ってきて、

冷蔵庫の中に入れられても

生きています。

 

ということは、

呼吸するんですよね。

 

この呼吸がポイント。

 

呼吸が多いほど、

人参の保存できる期間が

短くなります。

 

また、人参の呼吸は、

気温が低いほど少なくなります。

 

極めつけが、

人参は低温に強い。

 

という3点セットから、

人参を長持ちさせるには、

低い温度がベスト。

 

自宅でいうと、

冷蔵庫がベスト

ということになるのです。

 

しかし、人参が老化?するのは、

呼吸量だけではありません。

 

もう一つ、

重要なポイントがあります。

 

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

その2:人参を老化させるもの

人参は収穫した後も

老化して朽ちていくもの。

 

だから、人参の美味しい時に

さくっと食べたいですよね。

 

人参は呼吸量を減らすため、

冷たい冷蔵庫に入れると

長持ちするとお伝えしました。

 

もう一つのポイントは、

エチレンガス。

 

アボガドやバナナの熟成で

よく話題に上るのはこれです。

 

そのエチレンガスは、

人参にも効果を発揮します。

 

人参は、自身では

エチレンガスをあまり生成しませんが、

エチレンガスの影響は

とっても受けやすい。

 

そうと分かると、

いろんな野菜や果物を保存する

冷蔵庫の野菜室。

 

むき出しの人参を

一気に年老いさせる

恐ろしい場所かもしれません。

 

だから、他の青果物の

エチレンガスの影響を受けにくいように、

ビニール袋やジップロックなどで

密閉するのがおすすめ。

 

でも、ビニール袋に密封となると

水分が気になるところ。

 

人参は水分にとても弱く、

水滴がついた部分ほど早く

腐ってしまうほど。

 

それも考慮して、

人参を保存する必要がありますね。

 

では、これらを踏まえて

人参を美味しく保存してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

その3:家庭で人参を美味しく長持ちさせる

買ってきた人参は、

家でも美味しく保存できます。

 

そして、長持ちさせましょう。

 

まず、人参を表面の水分を

きれいにふき取ります。

 

そして、人参の茎の部分を

少し切り落とします。

 

茎の部分があると、

成長しようとして、

人参から栄養を取るので。

 

それから、水分対策のため、

人参をキッチンペーパーや

新聞紙で包みます。

 

包んだ人参を

ビニール袋やジップロック

に入れて冷蔵庫の野菜室に入れます。

 

そのとき、できるなら、

冷蔵庫で人参を立てておくと

なおいい感じ。

 

人参の保存温度は

5℃から0℃とかなり低い。

 

だから、冷蔵庫の野菜室は、

開け閉めに注意して

温度が上がらないようにしましょう。

 

また、人参を包んだ新聞紙などが

水分で湿気てきたら、

新しいもので包み直します。

 

人参には、

水分を寄せ付けないのが、

長く保存するコツですね。

 

スポンサーリンク

 

人参の保存は冷蔵庫と常温どっち?美味しく長持ち期間はコレで決まる

その4:まとめ

人参を長く保存する方法

についてご紹介しました。

 

人参の最適な保存温度は、

何と0℃から5℃。

 

人参は低温耐性があるので、

0℃に近いほどいいのです。

 

とすると、

常温にこだわりがないなら、

1年中冷蔵庫でOK。

 

これだけでも、

冷蔵庫に入れようかどうしようかと

悩まずにすみますね。

LINEで送る
Pocket