主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

フィレと切り身の違いは?さばや鮭、鱈など魚を買うときの困りごと

2018年11月22日 [ フィレ 切り身 違い ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

魚屋さんやスーパーに

魚を買いに行くと・・・

 

丸々1匹と切り身、

そしてフィレ(フィレー)が

並んでいます。

 

このフィレとは

一体何ものなのか

知っていますか。

 

実は私、フィレというのは

魚の塩漬けだとばかり

思っていたのです。

 

とほほ・・・。

 

今まで主婦をやってきて

困ったことにならなかったので

良かったのですが。

 

久しぶりに無知って怖いな

と思った出来事でした。

 

そこで、

私のような勘違いをしないために、

魚の切り身とフィレの違いを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

魚のフィレ(フィーレ・フィレー)とは

 

魚でフィレ(フィーレ・フィレー)

という言葉をよく聞くのは、

 

鯖(さば)や鮭(しゃけ)、

鱈(たら)でしょうか。

 

カレイやヒラメでも

見かけたことがあります。

 

スーパーでは見かけませんが

レシピでは鯵(アジ)も

あじフィレというものがありますよね。

 

では、魚のフィレ(フィーレ)とは

一体何ものなのでしょうか。

 

それは・・・

 

魚を3枚おろしにしたもの。

 

私が勘違いしたように

魚の塩漬けではありません。

 

でも、魚の三枚おろしを

なぜわざわざフィレと呼ぶの

と思いませんか。

 

でも、

フィレ(フィーレ)は「Filet」といい

フランス語ですね。

 

三枚おろしは日本語なので

言葉の違いもあるのかも。

 

でも、よくよく聞くと

魚のフィレとは、

三枚におろしただけでなく、

骨もすべてとった魚とか。

 

魚を三枚おろしにすると

真ん中の太い骨の中骨を取ります。

 

しかし、腹骨や上椎体骨、

上神経骨の骨は残ったまま。

 

だから、魚料理をするときは、

魚を三枚におろした後、

骨抜きを使って

小骨を一つ一つ抜くことになります。

 

これがまた面倒なんですよね。

 

ちなみに、魚の二枚おろしだと、

2つの片身のうち、

片方に中骨がすべて残ってしまいますね。

 

一方、

魚のフィレ(フィーレ・フィレー)は、

中骨だけでなく、

すべての骨をとったもの。

 

つまり、

魚のフィレ(フィーレ・フィレー)なら、

骨抜きが必要ないのです。

 

これは、魚をさばくのが面倒な時

すごく重宝しますよね。

 

魚をおろすのは

三枚おろしまでなら、

無料でしてくれるお店がありますよね。

 

でも、

魚をフィレでさばいてください

といえるのでしょうか。

 

私は試したことがないので

ちょっと分かりません。

 

改めてフィレのことを考えると、

フランス料理に

「平目のフィレ ○○風」

というような料理がありました。

 

魚のメニューに

「フィレ」という言葉を使うなら、

フィレには骨はないというのは

本当のようですね。

 

実は魚のフィレを買ったことが

あるのですが、

その魚には骨がついていたので、

フィレの話を聞いても

しっくりこなかったのです。

 

でも、思い出してみれば、

魚に骨があったというよりも

骨の取りこぼしがあった

という感じなのかもしれません。

 

つまり、魚のフィレとは、

魚を三枚におろしてから

腹骨や小骨をすべてとったものです。

 

では、

魚のフィレの謎がとけたところで

フィレと切り身の違いです。

 

スポンサーリンク

 

フィレと切り身の違いは?さばや鮭、鱈など魚を買うときの困りごと

フィレと切り身の違い

 

魚の切り身といえば、

鮭の切り身、ブリの切り身、

鱈(たら)や鰆(さわら)の切り身など。

 

自分で魚の切り身を

用意すれば分かりますが。

 

これらの切り身に共通しているのは、

魚を三枚おろしにしてから、

腹骨や小骨を取り除き、

身が広くみえるように

斜めに切ってあること。

 

つまり、フィレを使って

言い換えると、

切り身はフィレを斜め切りにしたもの

といえますね。

 

もちろん、切り身は、

斜め切りにしなくても、

フィレを食べやすいように

小さく切ったものでも同じです。

 

つまり、

魚のフィレは三枚おろしの骨なし、

切り身はフィレを小さく切ったもの

という違いがあります。

 

大きな魚は

フィレだと大きいですよね。

 

また魚の皮の部分を

好んで食べないなら、

切り身にすると皮の部分が

少なくなります。

 

魚を買うとき

フィレと切り身どちらを買うかは、

調理の方法によって変わりますね。

 

スポンサーリンク

 

フィレと切り身の違いは?さばや鮭、鱈など魚を買うときの困りごと

まとめ

 

魚のフィレとはどんなものかと

フィレと切り身の違いについて

ご紹介しました。

 

普段魚料理をするときは、

切り身が使いやすいですね。

 

私がフィレを買うときは、

丸ごと煮付けにするときか、

値段がお安いときですね。

 

魚をさばくのは

手間がかかるもの。

 

魚のフィレや切り身を

上手く利用して

毎日の料理を簡単美味しく

がんばりましょう。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA