主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

牛すじ大根煮込みが圧力鍋なしで簡単!こんにゃくとゆで卵でかさ増し

2019年01月21日
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

牛すじは煮込み料理に最高!

 

おでんもいいけど、

出汁に醤油、味噌でこっくり煮込むと

絶句する美味しさに。

 

そんな牛すじ煮込みを

思う存分食べて味わうなら、

自宅で手作りが一番。

 

実は、牛すじ煮込みは、

時間さえかければ

美味しく簡単に作れるのです。

 

そこで、牛すじ煮込みの味を

大根やこんにゃく、たまごに

お裾分けする

超簡単な作り方をご紹介します。

 

牛すじの値段が少し高くても、

大根やこんにゃく、卵で

簡単美味しくかさ増しできますよ。

 

牛筋の選び方と下ごしらえ(下処理&下茹で)

 

牛すじ煮込みのポイントは、

牛すじの選び方と下ごしらえ。

 

牛すじは他の牛肉の部位と違って、

灰汁も多く、すごく固いので、

そのままでは使えません。

 

だから下ごしらえ(下処理、下茹で)が

必要となります。

 

しかし、実はこの下ごしらえは、

手に入れた牛すじの状態によって、

大きく変わってくるのです。

 

牛すじ肉は、スーパーやお肉屋さんで

購入することがほとんど。

 

そして、その牛すじ肉は、

国産ものや外国産のもの、

生やボイル、冷凍したものなど

いろんな状態で販売されています。

 

だから、牛すじ肉の下ごしらえの目安は、

生の牛すじ肉で

外国産や国産の安いものは、

気合を入れて臭みと灰汁を取ります。

 

湯こぼし、下処理、下茹を

がっつり行いましょう。

詳しくはこちら。

↓ ↓ ↓ ↓

ゆでこぼすの意味とは?牛すじや鶏肉にもつ、栗、小豆などに必見の技

牛すじの下処理で脂身とアクと臭みを取る!簡単で失敗なしの方法

牛すじの下処理は水からとお湯からどっち?脂やアクが取れるのは?

 

生の牛すじ肉で国産の品質の良いものは、

灰汁や臭みが少なめ。

 

実は昨日、人生で初めて、

黒毛和牛の牛すじ肉で

牛すじ煮込みを作りました。

 

そのとき、衝撃だったのが、

アクが少ししか出ない。

 

せっかくの黒毛和牛の牛スジだから、

下茹でのお湯を湯こぼしせずに、

そのまま使おうと、

灰汁取りまくりの準備をしていたのです。

 

ところが・・・

 

こんだけ?

 

牛すじを入れてお湯が沸騰した後、

アクがぶくっと出てきましたが、

それだけでした。

 

ちょっと心配になって、

青ネギと生姜を入れてから

牛すじを茹でているお湯を味見したら

 

美味しいんだけど!

 

すっごく拍子抜けな

牛筋の下ごしらえでした。

↓ ↓ ↓ ↓

牛すじは下茹でなしで大丈夫?おでんやカレーも下茹でしないでOK?

 

でも、私が普段使っている牛すじ肉は、

スーパーの安売りでゲットしたもの。

 

その場合は、

湯こぼしして牛すじ肉を洗う

というのが普通です。

 

私が牛筋肉の出汁を利用するため、

一回湯こぼししたら、

あとは徹底的に灰汁を取ってから、

生姜で対策していました。

 

このように、同じ生の牛筋肉でも

モノによってこれだけ違います。

 

牛筋肉の旨味を逃がさないため

手に入れた牛すじ肉に合った

最低限の下ごしらえをしましょう。

 

ちなみに、ボイルした牛すじ肉は、

すでに灰汁や臭みはありません。

 

そのまま、味付けした煮汁に入れて

使うことができます。

 

使い勝手は抜群ですが、

ボイルしたときに旨味も逃げるので

ちょっと味気ない感じはします。

 

冷凍の牛筋肉は解凍してから、

生なら下ごしらえをしましょう。

 

牛すじ大根煮込みが圧力鍋なしで簡単!こんにゃくとゆで卵でかさ増し

牛すじ煮込みの大根&こんにゃく&ゆで卵

 

牛すじ煮込みは、

牛すじを柔らかくするために

時短にある圧力鍋を使う方法があります。

 

私も一時期は圧力鍋にハマっていて

牛すじ煮込みにも使っていました。

 

でも、あるとき、

圧力鍋で作ったお肉の煮込み料理が

圧力鍋を使わないほうが

美味しく感じたのです。

 

それからは極力圧力鍋は

使わないようにしています。

 

今回ご紹介する牛すじ煮込みも

圧力鍋を使わない方法。

 

その代わり、牛すじ肉を

柔らかくなるまで煮るので

時間が長くかかります。

 

ほとんどガスレンジにおまかせなので

手間はかかりません。

 

<材料>

黒毛和牛牛すじ肉:500g

大根      :2/3本

こんにゃく   :2丁

ゆで卵     :3つ

 

しょうゆ    :適量

砂糖      :適量

みりん     :適量

醤油      :適量

味噌      :適量

粉末だし    :2袋

 

<作り方>

1)

牛すじ肉を水できれいに洗い、

一口大に切る。

 

大根は乱切りして下茹で、

こんにゃくは、

手で一口大にちぎってから

下茹でしておきます。

 

2)

鍋に水を入れて沸騰させてから、

牛すじ肉を入れて沸騰させる。

↓ ↓ ↓ ↓

牛すじの下処理は水からとお湯からどっち?脂やアクが取れるのは?

 

必要であれば湯こぼしする。

↓ ↓ ↓ ↓

ゆでこぼすの意味とは?牛すじや鶏肉にもつ、栗、小豆などに必見の技

 

また、必要であれば下茹でする。

 

3)

灰汁を徹底的に取る。

中火にしてコトコト煮る。

 

1時間から1時間半で、

牛筋に箸を刺すとふにゃっと通り

柔らかくなっていればOK。

 

4)

3)の牛すじの入った鍋に

乱切りして下茹でした大根、

下茹でしたこんにゃく、

ゆで卵を加える。

 

5)

4)の牛すじ、大根、ゆで卵、

こんにゃくがひたるように、

煮汁を作る。

 

まず、味噌を除く調味料を加え、

濃いめの甘めに味付けします。

 

それから、味噌を加えて

いい塩梅する。

 

6)

鍋の蓋をせずに

1時間以上弱火でコトコト煮る。

 

スポンサーリンク

 

牛すじ大根煮込みが圧力鍋なしで簡単!こんにゃくとゆで卵でかさ増し

まとめ

 

牛すじの煮込みは圧力鍋なしでも

時間はかかりますが、

簡単&美味しく作れます。

 

また、大根やこんにゃく、ゆで卵で

かさ増しすることができるだけでなく、

これがまたすごく美味しい。

 

うちでは、牛すじ煮込みの

争奪戦になりました。

 

もちろん、

一番人気は牛すじですね。

 

かさ増しできる分、

牛すじ肉に少しお金をかけて

いい筋肉で作るのがおすすめです。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA