主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

ローストチキンの残りで絶品カレー!余りでもルーで美味しく簡単に!

2018年10月22日 [ カレー ローストチキン 残り ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

ローストチキンといえば

クリスマス!

 

と感じるかもしれませんが、

普段の食事のおかずにもピッタリ。

 

コストコでは、

ロティサリーチキンという

焼きあがった鶏の丸焼きが

売られているし、

 

生の丸鶏も販売されています。

 

でも、骨付きもも肉ではなく、

丸鶏のローストチキンとなると

食べ切れずに残ってしまうことも。

 

そんな余ったローストチキンを

カレーのルーを使って

簡単に絶品カレーを作る方法を

ご紹介します。

 

ローストチキンの残りの下準備

 

ローストチキンは、

鶏の骨付きもも肉か

丸鶏(鶏一羽)で作るのが普通ですね。

 

ローストチキンのおいしさの秘訣は、

骨付き肉をジューシーに

焼き上げることで、

骨の旨味も肉に閉じ込めること。

 

だから、ローストチキンは、

断然骨付きの肉を使って作りましょう。

 

では、コストコやケンタッキー、

スーパーや肉屋さんなどで買ってきた

ローストチキンを食べた残りを

カレー用に準備しましょう。

 

まず、ローストチキンの骨から、

肉の身を削り取ります。

 

この段階では、

細かいところまでほじくって

取る必要はありません。

 

なぜ、鶏肉の身を取るかというと、

お肉は長時間煮込むと、

旨味がスープとして出てしまい、

パサパサしたり味気なくなる場合があります。

 

ある程度の大きさのお肉は、

カレーの具材として美味しく食べたい。

 

だから、ローストチキンについた身は、

あらかじめざっくりと取りましょう。

 

そして、ローストチキンの残りを

お肉の身と骨に分けたら、

鶏肉の骨でスープを取ります。

 

このスープは、

骨が多いほど濃厚スープが取れます。

 

もし、ローストチキンを買うとき、

鶏の丸焼きか骨付きもも肉かを悩むなら、

丸焼きの方がおすすめですよ。

 

ちなみに、丸鶏のローストチキンが

美味しいと感じるなら、

手作りするのがもっとおすすめ。

 

詳しい作り方はこちらでご紹介。

↓ ↓ ↓ ↓

コストコの丸鶏の生でローストチキン!クリスマスの鶏の丸焼きに!

 

丸鶏のローストチキンは、

手作りでしか楽しめないモノがあります。

 

これを知ると、

ローストチキンを自分で焼きたくなるかも。

 

気になるモノの正体は・・・

こちらでご紹介しています。

↓ ↓ ↓ ↓

ローストチキンの丸焼きは詰め物が美味しい!争奪戦になる絶品ご飯!

 

なお、骨の部分には

肉が残っていても大丈夫。

 

この骨を使ってスープを取りますが、

鶏の丸焼きの場合、

家族や友人などと一緒に食べることも。

 

もし、食べるときに使っている

箸やフォーク、ナイフが気になるなら、

骨に熱湯をかけることで洗いましょう。

 

これで骨と肉の準備が完了。

 

次は、骨を使って

美味しい鳥ガラスープを取ります。

 

ローストチキンの残りで絶品カレー!余りでもルーで美味しく簡単に!

ローストチキンの鶏ガラで絶品スープ作り

 

鶏の骨って美味しいスープが取れるのを

ご存知ですか。

 

このスープを作るためだけに、

お肉屋さんでは

丸鶏の骨だけが販売されています。

 

この骨のことを鶏ガラといいます。

 

鶏ガラは鶏肉に比べると

当たり前ですがリーズナブル。

 

だから、お肉を入れないで、

鶏ガラでスープを取って

料理をするなんてこともあったほど。

 

そんな鶏ガラが、

ローストチキンを作ると

丸鶏ならもれなくついてきます。

 

それなら、

その骨を使ってスープを取れば

捨てる部分がないほど使い倒せますね。

 

鶏ガラで作るスープは、

簡単ですが時間がかかります。

 

その作り方は、

鍋に鶏ガラを入れて、

鶏ガラがすっぽり隠れるまで

お水を入れます。

 

次は、沸騰するまで中火で加熱。

 

沸騰したら、

弱火で1,2時間コトコト煮る。

 

ときどき確認して

灰汁があれば取り、

お湯が少なくなれば水を追加。

 

煮るのが終わったら、

そのまま冷めるまで放置。

 

あとは、骨を取り出して、

骨についたお肉をこそげ取り、

ローストチキンの余りの肉と一緒に

カレーに使いましょう。

 

また、

ローストチキンの骨から

スープを取るのは、

時間がすごくかかります。

 

自宅でゆっくりするときなどに、

片手間で作ると

手間が少なくてすみますね。

 

ガスレンジに

頑張ってもらいましょう。

 

次はこのスープを使って

カレーを作ります。

 

ローストチキンの残りで絶品カレー!余りでもルーで美味しく簡単に!

ローストチキンの残りで絶品カレーレシピ

 

ローストチキンの残りで作った

スープを使ってカレーを作ります。

 

<材料>

玉ねぎ    :ルーのレシピの分量

人参     :ルーのレシピの分量

じゃがいも  :ルーのレシピの分量

ホールトマト缶:1缶

ローストチキンの残りの肉

ローストチキンスープ:ルーの水の量

カレールー

 

<作り方>

1)

玉ねぎ、にんじん、ジャガイモを

好みの大きさに切る。

 

2)

お肉を追加する場合は、

鍋に油を引いてから、

表面に軽く焼き色を付ける。

 

3)

2)の上に野菜を入れる。

 

お肉の上に、潰したホールトマト、

その上に玉ねぎ、じゃがいも、人参

の順に層ができるように重ねる。

 

ローストチキンスープを

100ccほど入れてから、

弱火で加熱開始。

 

4)

人参が柔らかくなったら、

野菜に火が通っているはずなので、

ローストチキンの余りの肉と、

ローストチキンスープの残りを入れて

沸騰させる。

 

5)

灰汁をきれいに取ったら、

火を消してカレーのルーを入れて、

固まりがないように溶かす。

 

6)

10分ほど弱火で煮込んだら完成。

 

なお、ローストチキンのスープは、

カレールーのお湯の量より

少し少なめに使い、

ルーを入れてから調整すると

シャバシャバになりません。

 

また、野菜の量は、

カレーのルーには書いてありますが、

うちでは適当に作っています。

 

そして、野菜を重ねるのは、

重ね蒸しという料理方法を

カレー作りに取り入れているから。

 

野菜を重ねなくても

もちろんカレーを作ることはできるので

あまり気にしないでくださいね。

 

ローストチキンの残りで絶品カレー!余りでもルーで美味しく簡単に!

まとめ

 

ローストチキンの残りで

絶品カレーの作り方をご紹介しました。

 

ローストチキンの骨で

スープを作るのがポイント。

 

ローストチキンの骨は、

そのまま捨てられてそうですが、

本当に美味しいスープが取れます。

 

そして、このスープで作ったカレーは、

嫌味な旨味がなく、後味も爽やか。

 

一度作れば、

ローストチキンの余りで作るカレーの

美味しさに虜になりますよ。

LINEで送る
Pocket