主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

2018年08月05日 [ カレー 冷蔵庫 日持ち ]
アイキャッチ画像
LINEで送る
Pocket

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

 

夏といえばカレー!

 

夏は暑くて料理するのが面倒なうえ、

食欲も落ちがち。

 

でも、カレーなら、

寝かせると美味しくなるし、

ご飯にもパンにもうどんにも、

どれでも合うのが最高ですね!

 

特に子供がいると

夏休みの昼ご飯にピッタリ。

 

でも、夏は気温が上がって

暑くなるので保存が心配ですね。

 

そこで、夏のカレーを

長く保存するコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

その1:夏にカレーを冷蔵庫保存した場合の日持ち

 

夏は30℃前後と

雑菌が繁殖しやすい温かい温度だから、

必ず冷蔵庫に入れて保存します。

 

私も夏カレーは重宝するので

多めに作って冷蔵庫保存しますが、

その経験では・・・

 

翌日(2日)はOK。

明後日(3日)はOKかも。

その後からは微妙になってきます。

 

でも、

この日持ちはあくまで目安です。

 

カレーの日持ちには、

カレーの具材に、冷やし方、

冷蔵庫の温度(開閉具合など)、

温め直す頻度など

いろんなことが絡み合っています。

 

びっくりですが、

カレーを同じように作っても

日持ちが違う場合もあるのです。

 

でも、ちょっとした工夫で

カレーを長く日持ちさせることが

できるなら興味ありますよね。

 

その工夫とは何でしょうか?

 

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

その2:日持ちするカレーの冷やし方

 

カレーを夏に保存するなら、

必ず冷蔵庫へ。

 

カレーは寝かせると美味しい

といいますが、

夏は常温が高すぎるので、

腐ってしまいます。

 

だから、残ったカレーは

冷蔵庫に入れるのは必須ですね。

 

カレーを冷蔵庫に入れるというと、

カレーの粗熱を取ってから、

冷蔵庫に入れるだけと思いますよね。

 

でも、実は日持ちさせるために

工夫できる点があるのです。

 

それは・・・

 

カレーの温度の下げ方。

 

カレーを常温で冷ますと、

ゆっくりと温度が下がっていき、

常温くらいで止まります。

 

これが普通の冷まし方。

 

でも、カレーの温度には、

雑菌が繁殖しやすい大好きな温度

というものがあるのです。

 

その温度をざっくりいうと、

30℃から50℃くらい。

 

カレーを日持ちさせたいなら、

雑菌の繁殖は

少ないに越したことがないですよね。

 

それなら、カレーの温度が

30℃から50℃にある時間を

少しでも減らすのがベスト。

 

そのためには、

まず、カレーの鍋の材質を確認。

 

うちのように、

ステンレス多重構造鍋といった、

冷めにくい構造の鍋だと、

カレーを冷ますのに時間がかかります。

 

だから、カレーを冷ますときは、

必ず、冷めやすい鍋に移します。

 

それから、カレーを鍋ごと

水(氷水がベスト)に浸けて、

一気に冷やしましょう。

 

そうして、

雑菌の繁殖しやすい温度を

一気に通り過ぎるのです。

 

カレーがすっかり冷めたら、

冷蔵庫に入れます。

 

私は鍋ごと冷蔵庫に入れます。

温めるのが楽ちんなので。

 

カレーを上手く冷やして

冷蔵庫に入れることができたら、

次は温めるポイント。

 

スポンサーリンク

 

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

その3:カレーを日持ちさせる温めタイミング

 

カレーを冷したら、

温めるときがあるとすれば、

食べるときですね。

 

でも、

それだけではありません。

 

冷蔵庫で冷したとしても、

傷みにくくなっただけで、

やっぱり腐っていくのです。

 

しかし、その時間を

長くすることならできます。

 

その方法が、

カレーを温めることなのです。

 

腐敗菌を含む雑菌は、

熱に弱いものが多い。

 

だから、

メジャーな殺菌の方法は

高温で加熱すること。

 

それを、カレーにも

適用すればいいのです。

 

カレーを冷蔵庫に入れたあと、

1日1回以上、

カレーをぶくぶくとなるまで

高温に加熱します。

 

もちろん、そのあとは、

先にお伝えした方法で

食べないカレーを冷やします。

 

そして、

冷蔵庫で保存。

 

こうすることで、

カレーをさらに

日持ちさせることができます。

 

でも面倒くさく感じるかも。

 

それなら、

1日1回はカレーを食べるようにし、

食べるタイミングで、

全部のカレーを温めれば、

少しは楽になるかも。

 

しかし、もし、

そんな頻繁にカレーを食べない

というのであれば、

冷蔵庫ではなく、

冷凍庫で凍らせた方がいいですね。

 

スポンサーリンク

 

カレーの日持ちは夏で冷蔵庫に入れたら何日?注意するポイントは?

その4:まとめ

 

カレーを冷蔵庫で保存する場合の

日持ちについてご紹介しました。

 

まず、冷蔵庫で保存するのは必須。

 

でも、それだけでは、

あまり日持ちしません。

 

そこで、日持ちさせるポイントとして、

冷やす方法と温めるタイミングを

ご紹介しました。

 

日持ちが気になるなら、

試してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA