主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋

主婦も仕事の一つ。多岐にわたる知恵が必要な主婦が使える知恵を駆使して楽しむ秘密がいっぱい

主婦わざ | 主婦業を楽しむ秘密の知恵袋
LINEで送る
Pocket

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

2018年07月18日 [ かます フライパン レシピ 塩焼き ]
LINEで送る
Pocket

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

 

かますは

味にくせがない白身魚。

 

身がほろほろして美味しいかますは、

やっぱり塩焼きが一番。

 

魚の塩焼きというと

ガスレンジについている

魚焼きグリルを使いますよね。

 

でも、かますの塩焼きは

フライパンでも美味しく焼けます。

 

さらに、うれしいことに

あと片づけが超簡単。

 

そこで、かますの塩焼きを

フライパンで焼くレシピを

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

その1:かますをフライパンで焼く簡単なコツ

かますなど、魚を焼くときは、

焦げ付きやあと片づけが

面倒ですよね。

 

でも、

かますをフライパンで焼くなら

その面倒をすっきり解決してくれる

とっておきアイテムがあります。

 

それは・・・

 

クッキングシート。

 

クッキーを焼くときなどに使う、

特別なシートです。

 

クッキングシートは、

表面が焦げ付かないように

加工されています。

 

もし、

クッキングシートを使わずに

フライパンで焼くと、

油を引く必要があるうえ、

焦げ付きやすい。

 

その点、

クッキングシートを使えば、

そういう問題はなくなりますね。

 

クッキングシート以外なら、

フライパン用の魚焼きホイルも

使えます。

 

むしろ、こちらの方が

使い勝手はいいかも。

 

これらを使って、

かますを焼いた後のあと片づけを

楽に済ましましょう。

 

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

その2:かますの塩焼きのフライパンレシピ

 

かますの塩焼きを

フライパンで焼くレシピです。

 

<作り方>

1)

かますのうろこを取る。

 

魚のうろこ取りの道具を使うか、

包丁の背でうろこをこすって取る。

 

2)

かますの内臓を取る。

 

かますのえらから腹の下まで

包丁で切れ目を入れる。

 

えらをつかんで、

内臓も一緒にぐるっと取る。

 

血合いなどを水できれいに洗い、

キッチンペーパーでふき取る。

 

その部分に塩を振ったら

下処理終わり。

 

3)

かます全体に

塩をまんべんなく振る。

 

塩は多めに振るのがおすすめ。

 

4)

そのまま20分ほど置く。

 

5)

かますより

フライパンが小さい場合は、

カマスを半分に切る。

 

6)

フライパンに

クッキングシートを敷いて、

火をつける。

 

火加減は弱中火。

 

7)

6)の上にかますを

くっつかないように並べる。

 

フライパンはふたしないこと。

 

8)

片面4,5分くらいづつ焼く。

 

かますを半分に切った場合は、

断面を見ると、

火の通った部分が白くなるので

分かりやすい。

 

火力が強いと焦げ付くので、

かますの焼き加減を見つつ、

火力を調整すること。

 

9)

両面ともに、

かますに軽く焼きめが付いたら

出来上がり。

 

かますの焼き時間を

短めにすると、

ジューシーでふわふわやわらかな身に、

 

ちょっと長めにすると、

しっかりとして

味がぎゅっと濃縮された身に

なります。

 

火加減と焼き時間を

変えることで

好みの焼き上がりにできます。

 

スポンサーリンク

 

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

その3:かますの塩焼きは内臓を取る?

かますの塩焼きは、

ご紹介した方法では、

内臓を取ります。

 

例えば、さんまやあゆは

内臓を取らずに塩焼きに

することもあります。

 

内臓を取るのが手間だし、

そのまま焼くと簡単ですね。

 

でも、さんまやあゆは、

内臓も食べられる魚。

 

一方、かますは、

はらわたを含めた内臓は食べません。

 

だから、かますを焼くときは、

あらかじめ内臓を

取っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

カマスの塩焼きをフライパンで焼く簡単レシピ!コツは○○を使う

その4:まとめ

かますの塩焼きを

フライパンで焼く方法を

ご紹介しました。

 

魚焼きグリルを使わないなら、

フライパンで焼くのが

とっても簡単でおすすめ。

 

ポイントは、

かますを焼くときに

ふたをしないことと、

クッキングシートを使うこと。

 

たったこれだけで、

かますの塩焼きは

簡単に作ることができますよ。

 

さらにお片付けも楽ちんなので、

フライパンを使う方法を知ったら、

魚焼きグリルは使いたくなくなるかも。

LINEで送る
Pocket